2017年04月30日

魅力飽和なパンフレット

この木・金、
フライングのゴールデンウィークで、
函館に行ってきました♪
CIMG0748.JPG




お宿は、銀婚湯
ginkon.png

温泉が、
(営めるほど大量に)湧き出したのが、
「大正天皇銀婚の佳日」ということで、
ついた温泉名だそうです。



日本の秘湯を守る会のガイドブックにも掲載されている温泉で、
hitouwomamoru.png

連休前だったこともあり、
静かな時間を楽しみつつ、
お料理も含め、サービスは満点です♡




さてさて、
以前、旅館のパンフレットリニューアルのお仕事を、
したことがあります。

その際に、パンフレットを10軒程集めまして・・・



それらは、配合の違いこそあれ、
材料は、皆、同じ

・料理が美味しい
・部屋が綺麗
・温泉が良い
・風光明媚
・心のこもったおもてなし




魅力をいっぱい伝えなきゃ!と思うと、
他の旅館もそう思うので、
ありふれたつまんない
パンフレットになっちゃうんですね。

名前を隠して、10枚シャッフルしたら、
どのパンフレットが、どの旅館のものか、
全くわかりません!!
("_ _)σ||




そこへいくと、
金目鯛の宿 こころね」さんのHPは、
「金目鯛」一押し!!
kokorone.png
(画像:金目鯛の宿 こころねHP


楽天トラベルアワード(関東エリア)で、
エンターテインメント賞、リトル・スター賞、
レジャー部門金賞
などを、のきなみ受賞♪



魅力が足りないよりも、
詰め込みすぎて焦点がブレることの危険性
分かっていただけますか!?

魅力がストレートに伝わるには、
伝える魅力の数をしぼること

企業を「尖らす」ことが大切です♪


posted by 秋田舞美 at 19:49| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年04月29日

時代の変遷は「進化」であるという誤解

マーケティングと、時代背景には深い関係性があります。

高度経済成長期やバブル期など、
ものが売れに売れていた時代と、

今のように、ものが売れない時代の、
マーケティング手法は、もちろん異なります。


戦後からのマーケの歴史を大雑把に言えば。

生産志向
物不足(需要が供給より、ずっと多い)
目標:効率化

  ↓

販売志向
大量生産が確立し、数量確保ができるように
目標:より品質の高い製品(技術力

  ↓

顧客志向
企業間競争の激化
目標:消費者のニーズを掴む

ma-ke時代.png



つまり、物不足の時代から、
(数量は確保できたので)高品質の時代へ、
ここまでが、企業側の成長目標(技術面中心)。

その時代の後に、
お客様のニーズに応えるという感性的側面への
移行が求められています。
 


このマーケティングの変遷は、
「良い物を作れば売れるのではない!」という、
時代の変遷を経た教訓を含んでいることから、

販売志向より、顧客志向が、
優れているという誤解が生じています。



事業者目線と顧客目線は、
どちらも欠くことができないもので、
マーケティング的に言っても、並列関係で有るべきものです。



事業者目線のない、事業者のこだわりのない、
事業者の愛情のない、事業者の感動のない商品など、
ただの、顧客への媚でしかありません!

マーケティングのスタンスは、
進化ではなく、並列。


誤解しないでくださいね♪
posted by 秋田舞美 at 22:01| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年04月27日

カメハメハ大王、お客様を選ぶ!

私が、大学卒業後 入社した企業。
北海道出身で、東京勤務だった私に、


「台風の日は、会社来なくていいんだからね!」

「雪が降ったら、こっちは電車止まるから、
     会社来なくていいんだからね!!」

という、カメハメハ大王生活だった私♪


去年か一昨年に、
上場企業でのホワイト企業ランキング1位になりました。
(同率で複数社ですが)



辞めておいていうのもなんですが、
やはり、就職活動の時のから
雰囲気が、すごく良かったんですよね。

辞めたのは、現仕事がしたくなったからで、
会社への不満は、全くありませんでしたから!



学生さんが面談をする時も、
自分も相手(企業)を選んでいるという感覚、
自分も面接をしているのだという感覚、
大切だと思います。

上から目線だというわけではなく、
お互いが不幸にならないための自己責任ですから。



そして、
実は、企業がお客様を「選ぶ」ということも大切ですよね。

例えば、値上げでお客様が減ってしまったら・・・と考える時、
自分が実現したいのは、

 ・庶民的な価格で、沢山の人と美味しさを分かち合いたい

 ・味(や安全)にこだわる、分かってくれる人に、
  最高の幸せを届けたい

どちらでしょう?


どちらが間違っているとかではなく、
全てのお客様に気に入られようと思えば、
マーケティング的に失敗するだけではなく、

本当に、御社の製品を求めているお客様にとって、
中途半端な値上げをするのも、
中途半端に安い価格で、商品の質を落とすのも、
どちらも、望まれていないことです。



お客様を選ぶとは、上から目線ではなく、
スタンスをはっきりさせること。

特定の層のお客様にむけることで、
お客様も、販売企業も、幸せになりましょう♡
posted by 秋田舞美 at 20:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年04月26日

198円の冷やし中華とロット

私の盛り付け&写真が悪いのはありますが・・・
コレが、198円ってすごいですよね。
C95-PrcUwAA73M0.jpg

普通の冷やし中華のタレだけじゃなく、
ゴマダレでも、198円。

イオン トップバリュー。


これじゃあ、中小企業は敵いませんよね。

けれど、
工業用製品等を買ったことの有る企業であれば分かるように、
ロットが10倍になれば、価格は半額以下になります。

また、
作って売ったことのある企業であれば分かるように、
ロットが10倍になれば、
1つあたりの手間賃は半分以下になります。


流通量が多い企業は、安く出せる。
これは、当たり前のことなのです。


そんな時に、売れ筋商品を作って、
大企業と真っ向勝負を挑むのは、
危険なことだと思いませんか!?

多数派ではなくても、確実に存在はする。
そんな御社大好き顧客を見つけられるよう、
「尖った」製品づくり、考えてみませんか?



ちなみに、
北海道では、これを「冷やしラーメン」と呼びます♪

テレビで、冷やしラーメンは、
熱いラーメンをの冷たいバージョン とやっていて、
ちょっと衝撃でした!!
(北海道で「冷やしラーメン」を頼むと
    「冷やし中華」がでてくる!みたいな・・・)


北海道民は、みんな冷やしラーメンです!!
posted by 秋田舞美 at 20:52| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年04月23日

超過は、遅刻と同じ!

自分がメインの講演以外、

企業や団体の総会や、
前に、パネルディスカッションがある場合などは、
当日の式典の進み具合などで、
講演時間の調整をお願いされることがあります。


最近、3件連続で、講演の時間変更がありまして。
 ・1時間 → 1時間15分
 ・1時間30分 → 1時間20分
 ・2時間 → 1時間45分


3件連続で、
ピッタリで終えることができました〜(*˘︶˘*).。.:*♡

3件とも、「さすが、プロは違いますね!」
と言っていただき、よかった♪


以前に、
私の中小企業診断士の師匠に教えていただきました。
「講演で、時間超過をすることは、
          遅刻することと同じ



確かに、どちらも
 ・時間管理ができていない
 ・お客様の大切な時間を消費
という点では、同じですよね。



遅刻には、社会人失格の烙印が押されるのに、
意外に多い、プレゼンや講演の時間超過。


お客様のためにも、セルフブランディングのためにも、
気をつけたいですね♪
posted by 秋田舞美 at 19:59| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年04月22日

「駅乃みちかさん」の尖り

私がよくいう「尖り」。
「強み」と違って、優劣ではなく「個性的であること」

強みが縦軸であれば、
横軸方向に、振り切っていること。

これが、尖りです。


さてさて、皆様、
各路線がキャラ化された、
以下の写真、好きなキャラは、どれですか!?
C9tXvWVUIAA9XAu.jpg

他のキャラも可愛いですが、
東京メトロの「駅乃みちかさん」に、
目がいったかた、多いのでは!?


写真が小さいですが、
一番下の列、真中付近が、
「駅乃みちかさん」です。

この「駅乃みちかさん」、
単体で見た時、可愛いと思うでしょうか・・・


かわいいことに違いはないのですが、
近年の萌系ブームもあり、
一対一の戦いであれば、
「他のかわいいキャラのほうがいい!」と
と思うかたも、多いかも!?

でも、一番に目を引く、
一番、パンチが効いているのは、明らかに、
「駅乃みちかさん」ですよね♪



商品の販売は、1対1の戦いではないので、
より良いものを だけではなく より売れるものを♪

強みより、尖りですね♪
posted by 秋田舞美 at 22:01| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

格安業界の理性と感情

お客様に選ばれるには、
(価格も含めた)商品品質などの理性的な判断に加え、
接客など、感性的な判断があります。


格安スマホも、
「大手キャリアと同じサービスが受けられると持っていたのにと」
問題点が、浮き彫りになりましたなりましたが、

これは、日本人が、無意識に想定しているサービス品質が、
かなり高いところにあることも起因しています。
Screenshot_2017-04-22-14-00-02.png



さてさて、
私は、今、成田空港第3ターミナルにいるのですが、
実は、飛行機に乗り遅れました。(笑)



今回の乗り遅れ、単純に私が悪いのですが、
手荷物検査の場所に、
LCCの係員さんがいれば(優先検査をしてもらえれば、)
間に合っていた!?という、本当に、微妙な時間でした。
(15分前だそうです)

優先のほうに行ってみても、検査員のかたに、
「係員からの案内でないかたはダメです」と、
戻されてしまったので・・・



以前、
そこまでギリギリではありませんでしたが、
ANAの場合は、検査場に待機していた係員さんが対応してくれ、
私のスーツケース持って、走ってくれました。


今日、検査場からカウンターに行ってみると、
「直前は、巡回しているので、常にいるわけではない。」
とのこと。



15分前でも、LCC係員に会えていたら対応してもらえたそうで

(ウェブチェックインしてたので)
検査場に直行せしてしまいましたが、
直行せず、カウンターに行けば、間に合ったようです。



どうせ、ダメ元だったのですが、
こう聞いてしまうとなんだか・・・(^_^;



結局、取り直して、
久々に、別のLCCに乗りましたが、
約6,000円と安かったことと、
LCC初?のスマホを搭乗券にできるサービスがわかったので、
最終的には、まぁ、良かったかなと♪



こう書くと、乗ろうと思っていたLCCに批判的なようですが、
決して、そうではありません。

私は、サービスが低いのに納得して、
安価な運賃で利用していたのですから。


後で、文章に記載したり、理性的に判断すると、
今回の対応は、私が想定していたサービス品質に比べ、
著しく劣っている
わけではなく、

また、
他のLCCでも、同じような対応だったかと思います。



けれど、感情は、そうはいかず、
やはり不満を持ってしまいます。

サービスを抑えて、その分、安価に。


理性と感情が、別な分、
いざ、問題が起こってしまうと
加入時、購入時に説明された以上の、
不満を持ってしまうのでしょう。

私は、サービスに対して、あまり感情的ではない人間ですが、
(というか、サービスに対して怒ることは、ほぼありません)
その私でさえなのですから、
不満が爆発する方がいるのも分かるかな、と。



実は、偶然、前回、同じLCCで、
人生で初めての欠航だったのですが、

欠航自体は、しょうがないとは言え、
判断が遅れ、17時の便が23時まで遅延し、
結局、欠航。

交通機関もなく、結局、振替も、
同じ航空会社内では、3日後までできないという、
つらい状況だったのですが、

お客様の不満は、
警察を呼ばれるかたがでるほどで・・・


もちろん、高いサービスに、高い評価が与えられるのは、
当然なのですが、

航空会社でも、
ファースト > ビジネス > エコノミー
と、サービスがいいのは当然ですが、
価格とのバランスで、購入の選択をしていますよね。



けれど、
今まであった水準より、さらに安価に、
さらにサービスを最小限にとなると、
(ファースト>ビジネス>エコノミー>LCC

安価&サービスは最小限。
分かってはいても、実際に、事故が起こった時には、
「こんなはずじゃなかった」
「こんなのは聞いていない!」
「ここまでとは、思わなかった」
という不満。


安価にともなう、サービスの限定。
理性的には説明できても、
感情にまで、納得させる説明は、
なかなか難しい分、

企業やサービスの存亡に、影響を与えかねないなと
思いました。


安物を買うな!ではなく、

安物を買う時は、
覚悟と自己責任を持って!



売る方からすれば、
覚悟と自己責任感覚を伝えて!
ですね♪

リスクをきちんと伝えず、
売れればいいという考えでは、
結局、企業を危険にさらします。
posted by 秋田舞美 at 14:16| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年04月20日

HP メディアへの効果は、即効性♪

ホームページの使われ方として、

@御社を知らない人が見る
A御社を知っている人が見る

の2つがあります。


@は、
「東京 渋谷 チーズケーキ」など、
一般名詞で検索する場合。

Aは、
「株式会社秋田商事 渋谷」など、
御社名(または商品名)で、ピンポイントに、
検索する場合です。



@について、検索順位をあげていくのは、
どんなに良いホームページを制作しても、
時間がかかります。

かつ、ブログなど、日々の努力も必要です。



一方で、
Aのケースは、どのようなものでしょう?

これは、お取引先やメディア、消費者などが、
「鰹H田商事って、どんな企業?」
調べるケースです。



噂を聞いたり、商品を見たり、
お取引を検討していたり、
メディアとして取り上げるのを検討していたり・・・

コチラについては、
即効で、効果があります!!


昨日、ご紹介した中野特殊刃物工業さんも、
ご本人がSNSで頑張っていることもあり、
リニューアルした昨年末以降、
相次いで、雑誌の取材が♪
HO550.jpg


よく話題にのぼる、想定されるのは、
@の一般名詞で検索されるケースですが、

実は、
お取引や購入を想定して、
ご連絡をいただけるかどうかの決定打となるのは、
Aのピンポイント検索の場合です。



今は、
ホームページがない企業は、
「ホームレス」なんて言われるようで・・・

メディアや、お取引先、消費者が食いつく、
尖りのあるホームページ、考えてみませんか?


posted by 秋田舞美 at 23:47| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年04月19日

HPリニューアル 中野特殊刃物工業@旭川

昨年末、HPリニューアルのお手伝いを
させていただきました中野特殊刃物工業。


経営理念から見直し、
企業としての事業の核・販売戦略を立てつつ、
数ヶ月かけて、完成させております。
nakano.png


同社は、北海道 旭川で、
 ・機械刃物
 ・包丁
の両方を扱っています。


機械刃物
刃物は、車にとってのタイヤのようなもの。
高価な機械を導入しているのに、
刃物には気を配っておらず、
残念な製品完成度になっている企業も・・・

中野特殊刃物工業では、
刃物購入だけではなく、研ぎ、メンテナンス、
場合によっては、カルテなどの管理まで、
全ておまかせすることができます♪



包丁など
同社で販売している包丁は、全品検査
刃物は、同じ型番の製品でも品質にブレがあることもあり、
抽出検査では、していないようです。

同販売だけではなく、
研ぎの依頼や、包丁研ぎ教室も。

同社で研いだ刃物では、切れ味が鋭いので、
切ったリンゴが酸化せず、変色しにくいんですって!!



〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

刃物は「ものづくり」の裏方です。
単独では何もできません。


けれど、様々な製品を生み出していく力を、持っています。
私はそんな刃物を支えるプロデューサーです。
裏方の裏方なのです。


posted by 秋田舞美 at 22:14| Comment(0) |  2−3.★企業支援

【連載:企業診断】企業を尖らすコンセプト・マーケティング 第回

しばらくブログをご無沙汰していたせいで、
ご紹介しそびれていたのですが、

1月に始まったマーケティング連載、
もちろん、続いています!(笑)


image_display.jpg
同友館 企業診断 2月号は、

企業を尖らすコンセプト・マーケティング 第2回

強みから尖りへ、
  進化から特化へ

17972190_1881174642100860_2441954117799900193_o.jpg


私が、いつも言っています「尖り」
togari.png

強みだけではなく、弱みも含めた、
企業の特徴・個性です♪


強みが縦軸(優れているか否か)であれば、
尖りは横軸(どんな特徴か)となります。
tatejiku.png


強みを追求しても、
ライバルが多く、大手には価格で敵わず・・・

でも、個性が光る商品であれば、
販売することが可能です。

・まずいお菓子
・薄い牛乳
・福山雅治さんではなく出川哲朗さんに似てますね

どれも、(失礼ながら)弱みとなるものを特徴として、
ヒット&生き残っている製品(?)です。


強みより、尖り。
ぜひ、覚えてください♪
posted by 秋田舞美 at 01:52| Comment(0) |  2−2.★執筆

2017年04月17日

「石田純一さんの元カノ」でもヒットしない・・・

石田純一さんと言えば、
今は、東尾理子さんとラブラブのご夫婦ですが、

トレンディ俳優としておモテになるので、
以前は、華やかな女性関係が話題となっていました。


そんな石田さんがテーマのお菓子が、
ボンボン製菓から・・・
arienai.png
ボンボン製菓様HPより)

理子さんに出会う前の、
石田さんの様々な遍歴を考えると・・・
微笑ましいというか。

体を張ってらっしゃいますね!(笑)


スクリーンショット-2016-11-13-1_21_42.png
ボンボン製菓様HPより)
元カレは、カレー味のようです♪

「ありえない軽さって・・・(笑)」



元サヤは、さやえんどう♪
スクリーンショット-2016-11-13-1_23_40.png
ボンボン製菓様HPより)
「豆な男が、やっぱ好きやねん!」



元カノは、クランチチョコ。
これだけは、語呂合わせができなかった!?(笑)
スクリーンショット-2016-11-13-1_22_40.png
ボンボン製菓様HPより)



さてさて、こちら、
「面白い商品ですね♪ マル 終了!」
というわけではなく・・・

こんな面白い商品なのに、
ご存知のかた、いらっしゃいましたか?

私も、新千歳空港で見かけるまで、
知りませんでした。



お伝えしたいのは、
これだけ凝った商品でも、
話題にならないということなんです!!



最近、
SNSなどで成功している例を見て、

「やった人いないから、話題になるだろう
と、様々、トライされる方がいらっしゃいますが、、、


現実は、そんなに甘くないんですね。

正直、「運」みたいなものもありますが、
その「運」の確率をあげていくのも、
マーケティング
です。


食いつく処(ターゲット)に、
食いつきやすいように餌をまく。




私、こちらの製品はもちろん、
ボンボン製菓様のHP、個人的に、とてもツボに入ってます。
皆様も、ご覧になってみてください♪

(ただ、アニメーションが重いのか、
 私のPCだと不具合が多いのですが。。。)



ボンボン製菓さんのホームページや、
商品キャッチコピーも、
とてもこだわっているんですよ♪

「縁遠い男と思っていたけど」とか。
(えんどう豆なので)


ボンボン製菓さんは、
ホームページ見てるだけでも楽しいので、
売れてほしい!
posted by 秋田舞美 at 23:12| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

緊張の講演! 着物の鈴乃屋様 関連メーカーの総会にて 

本日(というか昨日)は、
近年まれに見る、緊張の講演でした!

と言っても、規模や集客ではなく・・・
着物販売大手 鈴乃屋様の加工委託メーカー
鈴和会の総会で、講演をさせていただいたのです。



鈴乃屋の社長様はじめ、50人超のうち、8割程?が和服です。

特に、男性の和装
こんなにたくさんの方が集まっているのを見るのは初めて!!
5人.png

2人.png

ビシっと着こなす皆さまを前に、ドギマギ。
ヽ(゚○゚ ;ヽ)三(ノ; ゚□゚)ノ



内容は、私のメイン講演、

企業を尖らすコンセプト・マーケティング
〜魅力を減らして、王道を外せ〜

の、着物業界バージョンだったのですが、

講演内容より、何より、着付けに気合が入った講演会でした。(笑)



女性陣は、
正統派の気品ある着物から、
粋で、遊びゴロロのあるものまで。
女性.png

私は、
帯、帯揚、帯締めのセレクトが、
どうしても無難になってしまいがちなので、

参考にさせていただきたいと思います。



加えて、、、
野口染舗の野口繁太郎さんに、お会い出来ました!

野口染舗
野口染.png


こちらの企業、
北海道で新しい取組みを行っており、
メディア掲載も多いため、以前から存じ上げていて・・・

ジーンズ着物
アイヌ文様かつTシャツになっている半襟
シルバーアクセの羽織紐
足袋もオシャレ♪
野口さん.png

着物の新しい可能性を感じます!


☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

    マーケティングで、
      情熱を富に!! 

※HP:コチラ

※YouTubeトータルページ:コチラ

posted by 秋田舞美 at 02:05| Comment(0) |  2−1.★セミナー、講演

2017年04月03日

ベンツに乗った煙突掃除屋さん(証拠編!)

前に、ご紹介した「ベンツに乗った煙突掃除屋さん」こと、
「煙筒の横山」さん(旭川)

今回、雑誌に記事を掲載するに際し、
証拠写真をいただいちゃいました。

これが、噂のベンツ、煙突掃除バージョンです。(笑)
640x480xDSC02076-1000x750_jpg_pagespeed_ic_V1AX6UGe1N.jpg


独立して間もない頃、
真っ黒になって煙突掃除をする横山社長。

景気もよかった時代だけに、かけられた言葉が、
「若いのに、こんな仕事しかないのかい?」


ドイツでは、煙突掃除屋さんは「マイスター」
一流の職人なんです。
だから、煙突掃除が一流の仕事だと証明するために、
特別発注したのが、こちらのベンツだそうです。

横山社長のお人柄がわかる、
素敵なエピソードですね。
640x360xDSC02077-1000x563_jpg_pagespeed_ic_ufyKwq8e6r.jpg

よこに「筒師 煙筒の横山」なんて書いてあるベンツは、
こちらのみでしょう。(笑)

(現在、こちらのベンツは引退したそうです)



清貧だけが美ではありません。
自分の仕事に誇りを持っていればこそ。


そして、
一流の仕事だと証明することは、
次世代の若者が憧れを抱くことにも繋がります。

3Kと言えなくないこの仕事、
こちらの企業では、30代の若手が、
きちんと育っています!

posted by 秋田舞美 at 00:03| Comment(0) |  2−3.★企業支援

2017年04月01日

ホームページ制作始めます♪

4月から新年度。

私自身は大きく変わることはありませんが、

Facebookなどを見いていても、
皆様、ご家族が新たな旅立ちを迎えていたり、
転勤があったりと
晴れやか、かつ少し慌ただしいシーズンですよね。



私も、新しい取り組みとして、
お客様のホームページ製作を始めることにしました。

とは言っても、私はHTMLとはか???って感じですので、
 ホームページを作れない
    マーケティング専門家の
ホームページ作成事業です。


homupe-ji.png
【詳細はコチラから】


ホームページって、宣伝や知っていただくとのために、
作っているはずなのに、
デザインには多少口は出しても、
内容はお任せって企業も少なくありません。

綺麗な絵画ではなく、
役に立つ営業マンとしてのホームページをお届けするため、

IT企業ではなく、
マーケティング専門家のホーページ製作、はじめます!


一律、38万円+税で、
カメラマン(一日)込み

ページ数は、以下になります

 ・トップページ
 ・企業概要・理念等
 ・お問い合わせ
 ・ブログ
 ・プラス3ページ


とは言いましても、私自身が、現在HP改装中でして、
7月ころに、新バージョンがオープンする予定です♪

本事業の説明も、新バージョンで
それからキッチリ行っていきます♪
現在、仮ページということで、凝ったページでなくてスミマセン。笑
posted by 秋田舞美 at 17:20| Comment(0) | 1.☆NEWS、ご連絡