2014年06月28日

北原電牧元社長 北原氏へのインタビュー

札幌からのお引越しが近づいてきており、
雑誌記事向けのインタビューを、
少し連続して、お願いしております。

先日は、
北原電牧(株) 元社長の北原慎一郎氏に、
お話しをうかがいました。

CIMG7159.JPG


北原元社長は、
お父様である創業者社長が、突然亡くなったことを受け、
北原電牧を継承。

電気牧柵や牧柵などの販売に加え、
鳥獣害対策(フェンスや捕獲施設)事業や
自動給餌システムなどの事業を、
拡大してきました。
北原.png


そして、
約40年の経営の後、M&Aにて、
東証一部上場(M&A当時は東証二部)の
前田工繊へ事業を承継させ、
社長の座からは退いております。


中小企業が、M&Aでの事業承継。
しかも、大企業への売却という形は、
なかなか、あることではありません!



「大企業への売却をも可能にした
 魅力ぴかぴか(新しい)ある中小企業づくりについて」
を中心に、

マーケティング側面のお話しをお伺いしてきました。


そして、
北原元社長は、なんと!

売却後、中小企業診断士の資格も取られて、
現在は、診断士として活躍を、
始められた所です。

ちなみに、
売却時のご年齢は、61歳目



何でも、

M&Aは、事業承継の形として、
最適なパートナーを探し得る一つの手段。


なのに、日本では、
承継的なM&Aよりも、

再生手段としてのM&Aのイメージが、
強いため、

強引な手法による立て直し、
重要事業からの撤退、
リストラや待遇の悪化など、

負の側面ばかりが
クローズアップされていることに、
危機感を抱き、もうやだ〜(悲しい顔)

事業承継に関する知識を正しく広めたいと
承継専門のコンサルを志されたとのこと。

CIMG7162.JPG


お話しをお伺いしていても、
さすがに、ご説明が全て論理的で、
こちらとしては、すごく記事が書きやすい予感。(笑)

かつ、それでいながら、
すごく言葉の選択が詩的で、
そのまま章題にできそうな表現が、
いくつもありました。夜


これからは、
同じ診断士として、
どうぞ、よろしくお願いいたします。


そして、皆様、
結構、先になってしまいますが、
雑誌記事になるのを、
楽しみにお待ちくださいね。


☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

あなたの
 「情熱を富に!!」を、
          お手伝いします♪

t
posted by 秋田舞美 at 00:05| Comment(0) |  2−3.★企業支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。