2015年03月03日

事業承継と元カレ

大塚家具の事業承継と、
その後の経営権に関わる問題は、
なかなか解決の兆しを見せませんね。

昨年ちょうど、雑誌「企業診断」で、
マーケティング専門家からみた事業承継を、
全3回で短期連載させていただきました。


事業承継を「した、する」側の社長、お二方の、
共通したご意見は、
「事業を引き渡す側の覚悟という言葉でした。

CIMG8060.JPG
篠田興業 篠田社長。

篠田社長.png


CIMG8059.JPG
北原電牧 元社長 北原様

元カレ.png

24時間勤務.png


昨日、大塚家具の問題に合わせて、
先代からの承継で、業績を回復したホッピーの
石渡 美奈社長が、お父様(先代社長)から、
「目は離さないけど、手は放す」
と言っていただいたというお話しもありました。


経営手腕や販売戦略の優劣は分かりませんが、
大塚前社長は、この覚悟が難しかったのでしょう

分からないわけではありませんが、
少なくとも「事業承継者を決定する。」という、
大きな経営方針決定に失敗したと、
=経営判断能力の無さを)
自分で拡散してしまっていることですよね。
(前社長の中での失敗という意味です)


失礼ですが、
新社長への不満をぶちまけるのは、
元カノへの未練と執着と固執を、
非難という形式をとって罵倒する姿と重なって、

元カレという表現が、
しっくりくることを納得してしまいました。
(ゴメンナサイ。)


ただ、前社長のお気持ちも分からないわけではないんです。

経営者の方々にとっての会社は、
我が子、人によってはそれ以上のものです。

事業承継への覚悟
難しい問題ですね。

☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

あなたの
 「情熱を、富に!!」を、
          お手伝いします♪
posted by 秋田舞美 at 13:22| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。