2015年08月21日

白髪染めに見る色彩マーケ

何度か記載していますように、
男女によって、色彩の感度は違います。
(もちろん、個人差はありますが)


女性が色彩に敏感なのは、
口紅の種類を考えていただければ、
分かりますでしょう。
kutibeni.png
資生堂:マキアージュ

↑これ、資生堂のなかの「マキアージュ」という
 1つのブランドでこれだけあります。

きっと、男性にとっては、
理解不能ですよね。(笑)


同じ製品で探せるものでは、
白髪染め!

男性は4色
男性.png
サロンドプロ 泡のヘアカラー メンズ


女性は12色
白髪染め 女性.png
サロンドプロ 泡のヘアカラー


ちなみに、男性は、
色味(横)の違いはあっても、
明るさ(縦)は各色味1色なのに対し、
男性チャート.png
サロンドプロ 泡のヘアカラー メンズ


女性は、明るさの違い(縦ライン)で、
最大6色が並んでいます。
白髪染め 女性チャート.png
サロンドプロ 泡のヘアカラー


まぁ、髪は女の命ですしね♪


さて、
家電などもポップな色彩が増えてきましたが、

まだまだ、色に気を使ってもいいのでは!?
思われる製品、たくさんあります。


文房具やお酒、家具、パソコン系の製品などは、
華やかになってきたとはいえ、

口紅やお洋服のポテンシャルを考えれば、
まだまだ、可能性はあると思います。


男性の皆様、
または
元々男性分野の製品を販売してる皆様、

色彩のマーケティング
ぜひ、取り入れてみて下さいね♪

☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

    マーケティングで、
       情熱を富に!!    
posted by 秋田舞美 at 02:03| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。