2016年03月16日

「尖らす」は、社会的活動にも♪

3月は、卒業の季節。

そして、
入学準備の季節です。


私は、高校が私服校だったので、
制服の思い出は、あまりないのですが、

一度は、セーラー服が着たかった・・・(笑)



学生さんがいらっしゃる世帯では、
体操着等も含めた制服の負担が、
10万円近くになるというお話しも・・・

最近の制服は、オシャレな分、
高級だったりしますしね。


そういったご両親の悲鳴を助けてくれるのが、
制服のリサイクル。


無料のポータルサイトや
po-taru.png
(画像:制服譲り隊様HPより)


制服買取&シェアリングなど、
Asupo-tu.png
(画像:A-SPORTS様HPより)


これらは、
「リサイクルがやりたい」
  →「制服専門にしよう!」
という流れではなく、

社会的な、入学時の負担軽減という
「制服」側から発して、
「リサイクル」が手段なのでしょうが、


リサイクルというカテゴリからいうと、
「制服」に特化した、
個性=企業の「尖り」といえます。

特化すれば、特化するほど、
ターゲットの数は減るけれど、
誘引力は強くなるという、
事例と言えます。


これらの活動は、
社会的に貢献という意識で、
「儲けるぞ!」という
ビジネス感覚とは違うでしょう。

ただ、
ソーシャル・ビジネスと呼ばれる
社会的課題に取り組む事業でも、

いえ、だからこそ、
収支が成り立っており、
負担にならず進めていけることが肝心です。



尖りの一例として、
「制服」の「リサイクル」

というか、
「リサイクル業界」での「制服特化」。


結果として、
面白い事例ですね♪


☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

    マーケティングで、
      情熱を富に!! 

※HP:コチラ

※YouTubeトータルページ:コチラ
posted by 秋田舞美 at 03:23| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。