2016年11月09日

トランプ or Notトランプ

五輪の招致もそうでしたが、
選挙戦略こそ、マーケティングの一環ですよね♪

ヒラリー氏は、
2008年のオバマ大統領との民主党の候補者選びでも、
オバマ大統領に逆転されました。
obama.png
(画像:クローズアップ現代HP

「Yes, We Can!」
懐かしいですね♪


この言葉は、選挙の大勢を動かした、
大きなキャッチコピーとも言えます。


さて、
2008年には、
 ・初の黒人大統領(候補)
か、
 ・初の女性大統領(候補)

民主党の代表として、どちらが選ばれるか、
かなり話題になりました。


けれど、
今回は、「初の女性大統領か!?」とは、
ほとんど騒がれませんでしたね。


それよりも、
トランプ氏の破天荒さに話題が集まったかと。



アメリカ国内でさえ、
「こんな人が大統領になって大丈夫か!?」
「あり得ない」
とささやかれ、

女性蔑視発言など、
次々とスキャンダルが・・・



つまり、今回の話題性は、
「初の女性大統領」など問題にならないくらい、
「トランプ氏かどうか?」

つまり、
「トランプ or Notトランプ」
が、焦点になっていたのでしょう。



ヒラリー氏のメール疑惑など、
様々ありましたが、


話題性に勝り、
(ありすぎて)スキャンダルにくじけない、

そして、
人によっては、頼もしいと感じる強さ。


まさかの大勝利でした。


☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

    マーケティングで、
      情熱を富に!! 

※HP:コチラ

※YouTubeトータルページ:コチラ

posted by 秋田舞美 at 20:32| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。