2017年03月31日

価格の明示性

「価格」とは、身近でありながら、
一番、不確かで、不思議なもの。

だからこそ、知りたい情報です。


品質を同等として比べるのが難しい場合(例:建築)
価格を表立って表示することは難しいものです。

けれど、
タブーとされた、葬儀やお坊さんも価格明示が進んでいます。ionn.png
イオンのお葬式HP


また、ITや広告業界でも、
タブーとされた価格を完全明示することで、
上場を果たした企業もあります。



札幌で地下鉄に乗る時に、自販機を見て。
C7wRSyoVQAAytpm.jpg

ここに値段がなければ、絶対考えなかったですが、
広告出そうか、検討中です。笑


意外に安くて、
値段出せばいいのに!と思うこともありますよね。
(郵便局の広告とかも)


難しいのは、価格が異なる時の納得性。
それが説明できるように
(というか、そこで信義にもとる価格設定をしないように)

納得できる価格の明示は、
絶対、企業にプラスに働きます!


ちなみに、
私も、今、ホームページ改装中ですが、
今度のホームページでは、価格明示で行きたいと思っています♪

posted by 秋田舞美 at 20:02| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。