2017年04月23日

超過は、遅刻と同じ!

自分がメインの講演以外、

企業や団体の総会や、
前に、パネルディスカッションがある場合などは、
当日の式典の進み具合などで、
講演時間の調整をお願いされることがあります。


最近、3件連続で、講演の時間変更がありまして。
 ・1時間 → 1時間15分
 ・1時間30分 → 1時間20分
 ・2時間 → 1時間45分


3件連続で、
ピッタリで終えることができました〜(*˘︶˘*).。.:*♡

3件とも、「さすが、プロは違いますね!」
と言っていただき、よかった♪


以前に、
私の中小企業診断士の師匠に教えていただきました。
「講演で、時間超過をすることは、
          遅刻することと同じ



確かに、どちらも
 ・時間管理ができていない
 ・お客様の大切な時間を消費
という点では、同じですよね。



遅刻には、社会人失格の烙印が押されるのに、
意外に多い、プレゼンや講演の時間超過。


お客様のためにも、セルフブランディングのためにも、
気をつけたいですね♪
posted by 秋田舞美 at 19:59| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。