2017年04月30日

魅力飽和なパンフレット

この木・金、
フライングのゴールデンウィークで、
函館に行ってきました♪
CIMG0748.JPG




お宿は、銀婚湯
ginkon.png

温泉が、
(営めるほど大量に)湧き出したのが、
「大正天皇銀婚の佳日」ということで、
ついた温泉名だそうです。



日本の秘湯を守る会のガイドブックにも掲載されている温泉で、
hitouwomamoru.png

連休前だったこともあり、
静かな時間を楽しみつつ、
お料理も含め、サービスは満点です♡




さてさて、
以前、旅館のパンフレットリニューアルのお仕事を、
したことがあります。

その際に、パンフレットを10軒程集めまして・・・



それらは、配合の違いこそあれ、
材料は、皆、同じ

・料理が美味しい
・部屋が綺麗
・温泉が良い
・風光明媚
・心のこもったおもてなし




魅力をいっぱい伝えなきゃ!と思うと、
他の旅館もそう思うので、
ありふれたつまんない
パンフレットになっちゃうんですね。

名前を隠して、10枚シャッフルしたら、
どのパンフレットが、どの旅館のものか、
全くわかりません!!
("_ _)σ||




そこへいくと、
金目鯛の宿 こころね」さんのHPは、
「金目鯛」一押し!!
kokorone.png
(画像:金目鯛の宿 こころねHP


楽天トラベルアワード(関東エリア)で、
エンターテインメント賞、リトル・スター賞、
レジャー部門金賞
などを、のきなみ受賞♪



魅力が足りないよりも、
詰め込みすぎて焦点がブレることの危険性
分かっていただけますか!?

魅力がストレートに伝わるには、
伝える魅力の数をしぼること

企業を「尖らす」ことが大切です♪


posted by 秋田舞美 at 19:49| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。