2018年01月22日

お礼を言われるのは当たり前ではない!?

「お礼を言ってもらえなくてがっかりした」
という感想を述べると、

「お礼を言ってもらうために、
  仕事をしてるなんて(親切をするなんて)
 その感情が邪(よこし)まだ!」
なんて、批判にさらされたりしますが、



親切も、通常以上のサービスも、
お礼を言われることを想定してもいいんじゃないかと
個人的には思うほうです。

人間ですから・・・




そして、思うのですが、
これ「ホスピタリティ」の問題の様に言っていますが、
ものすご〜く広い視野で行けば、

お客様(親切を受けた方)にとっても、
「お礼を言えない人生」よりは、
「感謝し、お礼を言える人生」のほうが、
多分、幸せだと思うんですよね。



だからと言って、
「お礼言ってませんよ!」って
注意できるわけでじゃありませんが、(笑)
皆が、お礼を言うことを当たり前と思って、
お礼を言われることも普通のことになったほうが、

お礼を言うほうも、言われるほうも、
幸せな世の中なんじゃないかなと思うわけです。



さて、
本日は、精神論を話したいわけではなく!



例えば、私のようなコンサルの職業では、
お客様に、どなたか(または別の企業さん)を紹介することは、
よくあります。

こういう時、自分(私)に対して、
お礼を言ったり、感謝したりしてくれているかたは、
多分、ご紹介した相手とも、
気持ちよくお付き合いをしてくれる方なので、

そういった意味での信頼を構築できています。



逆に、
私が何かした際にも何もおっしゃらないかたは、
礼儀に厳しい方には、ご紹介できないかな、
という感じですよね。



お礼を言ってほしいとか、
私にお礼を言わないなんて、何事だ!
とか、思ってるわけではないです。

お礼と考えると上から目線になっちゃうかもしれませんが、
例えば、雨の日に訪問した際に、
「こんな日に、すみませんね」とか。



ですので!!
「お礼を言ってくれるのを、当然と思うなんて、
  私ったら未熟だわ。」
と思わずに、

お礼を言ってくれる方々をお客様にしていくことが、
自分のお仕事の向上にもつながっていきます。



ちょっと違いますが、
宅配便のヤマトさんは、
Amazonや値下圧力の強いお取引さんの取り扱いをやめ、
個人向け料金を値上げしたところ、

1年ぶりの四半期黒字になったとのこと。
ヤマトHD、値上げで黒字 営業益10〜12月400億円




働き方改革はもちろんですが、
どこかで、「お客様を選ぶ」というか、
きちんと向き合えるお客様とお付き合いする
という感覚を持つことは、

経営にも、プラスの効果があるかと思います。
まぁ、お客様を選り好みできるわけではありませんが。笑


posted by 秋田舞美 at 03:24| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。