2019年02月21日

未来を見つめる女性、過去を見つめる男性A私のターゲット

さてさて、
皆さんが金融機関や支援機関の職員さんだとして、
ある企業の経営者さんから相談を受けました。

どのような経営者さんなら、
私に依頼をしますか???


答えは・・・
というわけではないのですが、

私が一番相性が良いと感じているターゲット
  かつ
一番問い合わせが多い経営者属性は、



男性のベテラン経営者です。

100歩譲って?(笑)、男性じゃないにしても、
ベテランの経営者さんです。



なのに、、、ご紹介いただくのは、
女性創業者ばかり!!

なーぜーか!!

女性だから、女性の気持ち分かるでしょう♪
ってことなんですよね。



もちろん、それは正しいです。
多分、お話は盛り上がりますし、
不安とかは聞いて差し上げられる面もあるかと。

けれど、経営者さんは、
別に、お友達を探しに来てるわけじゃないですよね。



企業さんがコンサルに求めているのは、
分からないこと、苦手なことをアドバイスして欲しいのです。

ザックリですが、
以前、整理した表。
52486684_1291812180966299_5921111015994425344_n.jpg


この時、尖り型マーケのことを、
まだコンセプト・マーケって読んでたので、
そこは読み替えてください。



ベテラン男性経営者さん
【優れている点】
・業界知識、ノウハウが豊富
・長年の経営手腕

【足りない点】
・業界の常識にとらわれない発想
・自分の強み(尖り)の再認識


女性創業者さん
【優れている点】
・新たな発想
・自分の尖り(やりたいことが明確)

【足りない点】
・業界知識や商慣習
・経営というもの全般に関する知識


乱暴な整理ですが、
あくまで傾向として、捉えてください。



で!!!
私は、
・様々な業種のコンサルをしている
  (業種についての知識はない)

・企業の尖り(強み)を見つけた
  ブランディングが専門



さてさて、
相性がいいのは、どちらでしょーうか??

はい!
明確ですよね。

明らかに、
ベテラン男性経営者とのほうが、
お互いに、足りないものを埋めあって、

化学反応を起こすことができるのです。



支援機関の皆様、今までの固定観念を払しょくして、
ぜひ、女性の診断士に、男性ベテラン経営者をぶつけてみてください!


次回は、
逆もまた然り!というお話をしたいと思います♪
posted by 秋田舞美 at 04:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。