2009年06月25日

「元気なモノ作り中小企業300社」

本年4月に、2009年版の
「元気なモノ作り中小企業300社」が、
選定になりました。


北海道からは、13社が選定。
今週は、経済産業大臣感謝状贈呈式がありました。

■脱エンジン! 軽量・高出力・フラット型
I・Kモータの潟Rスモメカニクス
岩谷社長&愛娘で素晴らしい戦力の懸田様と
090623ARX.jpg

個人的な好みもあるでしょうが、
ひとっ飛びに儲けようという感覚ではなく、

コツコツ、コツコツと、
地道に技術を重ねている、製造業の方々、
すごく、魅力的にうつります。


■■今日の想い■■
【いつを見ているか?】

一緒に、お仕事をしている企業の中でも、
意見が合わないなぁという方、
いらっしゃいませんか?

理由は、相手が、
自分の都合しか考えていないから?
企業のことを考えていないから?

いえいえ、
中小企業であれば、
業績は、自らの生活に直結します。

経営陣の方々同士の会話では、
企業のことを考えていないから
という理由は、少ないかと思います。

ただ、いつを見ているか?
この違いは、大きいのでしょう。

明日(資金繰り)を見るか、3ヶ月後を見るか、
3年後を見るか、30年年後を見るか?

今日、表彰を受けた企業のお話し。
他の企業が取り組む前に、IT導入を決め、

ITを知っている人材もいなかった当時、
ITも自社の業務分野も
どちらも知っている人間でなればと、

人を採用し、
IT企業で、3年修行。
自社業務を2年半、行わせてから、

5年以上後で、
やっと、自社業務のIT化に
取り組み出すことができたとのこと。

日々の仕事に追われる企業でも、
いや、だからこそ、
遠くを見る目。

持っていなければ、いけませんね。
posted by 秋田舞美 at 20:04| Comment(0) |  2−3.★企業支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。