2010年02月24日

ワンストップ・サービス・デイ

【一つの窓口】で、
【経営相談、資金繰りや雇用調整助成金など】の
相談が行える

「ワンストップ・サービス・デイ」が、


年度末に、再度、開催されます。

【日時】 平成22年3月25日(木)10:00〜16:00

【会場】 北海道経済産業局 第1会議室
(札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎6階)


経営課題は、経営・人事・資金と不可分なもの。

課題ごとに、
いくつもの機関を回ることは大変です。

このような機会に、ご相談を利用されては、
いかがでしょう??


■■企業イメージ戦略■■

今月初め、神社で厄払いをして参りました。
数えで33歳。本厄です。(>_<)

厄払いも済ませ、
これで、厄年ならぬ、飛躍の「躍年」になるはず♪

(手水も凍っております。冷たかった〜)
100207S.jpg

100207Abv.jpg


さて、
実は、私、大学時代に、結婚式の巫女さんバイトを
しておりました。

お正月には、神社でおみくじを売ったりも
していたので、
ある程度、舞台裏は知っているのですが、


そんなクールな身内目線(失礼!)で
見てしまう私でも、

厳粛な、荘厳な気持ちになって、
帰って参りました。


時の権力者達が、宗教との距離を縮め、
それを司る神社や寺に、多くの寄進をしたのも、
うなずけます。


ところで、
マーケティングでは、昨今、
製品自体の品質、価格、イメージだけでなく、
企業イメージを重視する動きが広がってきています。

リスク管理への対応、
環境への取り組み等が、
積極的に行われ、PRされるのも、
「企業イメージ向上」のためですよね。

製品だけでなく、企業にも、イメージ戦略。

強く意識されるようになったのは、
ここ数年、少なくとも10数年だと思います。


けれど、例えば、
上記の権力者と荘厳な宗教施設の関係も、
これに同じ。

人々からの納税をスムーズに行い
国を律する為には、
その統治の正当性を、

個々のサービスだけではなく、
それを行う主体に対する
イメージの演出が必要です。


企業(=製品でなく事業主体)に対するイメージ。

実は、
その大切さ、意義は、宗教というものが存在し、
それを司る役目が(祭司)が存在した

太古の時代には、
きちんと、認識されていたのでしょうね。

だからこそ、私たちは、今でも、
京都を訪れた際には、
目を見張るような寺院、神殿を、
楽しむことができるのです。


温故知新。

日々、すさまじい速度で、移りゆく、
この時代、そのマーケティングにも、

実は、歴史から読み取れる事も、
多いのですね。
posted by 秋田舞美 at 22:57| Comment(0) |  3−6.◎施策・イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。