2010年11月24日

そうだ、胸を張ってみよう

北海道は、寒くなりました( 丿д`)
皆様、お風邪など、ご注意くださいね。


さて、
先日は、奈井江、美唄、歌志内の方へ行ってきました。

いえ、企業さんは1社なのですが、
工場が点々としている
  &
ミニ観光させていただいたので(^_^;)


炭鉱の跡地も、見てきました。
IMG_0129.JPG

なかなか、見られない風景です ((((゜д゜;))))


言い訳じゃないですが、
企業を見るうえで、「場の力」というものは、
とても大切です。 (゜o゜)

現在時点での、「地の利」という意味だけでなく、
その地の歴史、風土が、企業を育て、影響を与えます。


炭鉱という北海道が持つ、一つの大きな流れは、

産業として衰退したとしても、
今も脈々と、文化として、
そして、自治体への影響としても、
生き続けています。

目に見えない文化だけではなく、
土地の使用形態や官舎、税金、
進出して去って行った大企業、残った大企業


例えばですが、
炭鉱があったという事実は、
今も、地域に生きる糧を与えたり、
逆に、障害となったりと、
しているのですね。


う〜ん、最近、なんだか
シミジミ思うんです。φ(..)

ちなみに、私、
祖父は、炭鉱マンだったんですよ。ヾ(^▽^)ノ
私の生まれる前ですが。

残念ながら、肺はやられてしまいましたが、
今も、元気です♪



以前、取材させていただいた(記事)
砂川のソメスサドルも、
 石炭→石油、馬→機械という2つのエネルギーの転換期に、
身を置き、事業を展開していった一社でした。


さて、
お昼は、古き良き時代からお店を
やってたよ〜という、こちらでいただきました。
p(^-^)q
IMG_0122そばお店.JPG

おそばも、ちょっと太めで、
しっかりとしたコシです。
IMG_0125そば全体.JPG

IMG_0126そば麺.JPG

私、頼んだのが、とじそば、だったかな??
一番高いメニューでも、700円位なんです O(><;)(;><)O


いかにも、「常連さん」って感じの方が多く、
地域の大事な社交場のようでした (^。^)y-.。o○
IMG_0127そばストーブ.JPG


さてさて、
いつも、サボッてそうですが、
ちゃんと、お仕事もしてるよ!!ということで、

写真を撮らせていただきました\(^。^)/

超微細加工機です。
IMG_0137精密加工機外から.JPG


どれぐらい微細かというと、
1m(メートル)の 1000分の1が1mm(ミリ)ですよね。

さらに、その1000分の1(0.001ミリ)が、
マイクロ(μ)です。
それは、ビックリ w(゜o゜;)w


髪の毛の直径は、0.05mm〜0.15mmですから、
50μm〜150μm。

こう書くと、髪の毛、太く感じますね。(笑)


ところが、これで終わりじゃないんです!
((((゜д゜;))))


実は、この機械の加工精度は、
0.0001mm単位!!

マイクロよりも細かな加工が可能なんです。

こうなってくるともう、もちろん、
温度で膨張率変わるから、温度管理も必要ですし、
下手に空調ある空間だと、精度変わっちゃうし、
細かな細工は、折れちゃったり!!


実は、この写真(↓↓)でも、一番細い加工ではないのですが、
(細すぎるとむやみに出すと、折れちゃうので)
IMG_0139ドリル.JPG

見えますか??
先端に、一筋、伸びているの。


こんな感じです。
あっ、これ、一番先、ただのシャーペンの芯みたいな
直線じゃないんですよ。

ドリルなんです!!
つまり、らせん状の溝が入ってるの。
((((゜д゜;)))) ((((゜д゜;))))


太田精器(企業名)、すごい!!

どうしても企業秘密、多いので、
写真に撮っていいもの撮らせてくださいって言ったら、
私のツボにはまる感じの、(笑)

こんな素敵な機械をご紹介してくれました。


いや、実際、
私、技術的なことは、
あんまり分かってないのですが ヽ( ;´д`) 丿
(ゴメンナサイ・・・)

こういう機械で作られたモノたちが、
巡り巡って、自分に返ってきてると思うと、
ドキドキします。


パソコンにしても、携帯にしても、液晶テレビにしても
実は、身近にあるモノって、
人類の英知の結集ですものね。 (゜o゜;)


私たちの身近な最終製品が、
メートルからセンチになるために、
キログラムから、グラムになるために、

その部品たちは、
センチからミリになり、
さらにマイクロ、ナノの世界へと
入っているんです。


単位の変換が、部品レベルでは、
一気に凝縮した形で、
起こっているんですね (;゜皿゜)


感動!!  (≧∀≦)


そして、感動して、
頭を使って、お仕事をした後は・・・

すながわスイートロード岩瀬牧場で、
糖分補給
・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆
IMG_0146岩瀬牧場アイスクリーム.JPG

白いのが「しぼりたて」ピンクが「いちごミルフィーユ」です。
(ミルフィーユは、なんだか賞をおとりになったそう)

やはり、おいし〜い♪
(≧∀≦) (≧∀≦) (≧∀≦)


自宅用チーズケーキも、もちろんgetです♪
IMG_0151チーズケーキ一生懸命.JPG

IMG_0152チーズケーキ木箱.JPG


それにしても、
前回のローレルといい、

札幌からも少し離れた、失礼ながら小さな町で、
こんな風に、素敵な企業がたくさんあるのは、
本当、(関係ないけど(笑))北海道人としても、
誇りですよね♪♪


「誇り」

今、日本人に一番足りないのは、
自分を信じることと、
自分達を誇りに思うことではないかと思います。


中国をはじめとする他国に、
モノづくり大国としての地位を
脅かされている。

ただ、この脅威は、世界にとって、
初めてかというと、
そうではない。


そう!!
日本が、1ドル360円の固定相場時代に、
世界に与えていたショックと同じなんでは、
ないでしょうか???

アメリカにとって、フランスにとって、
イギリスにとって、

このようなショックは初めてではない。


ただ一人、先進国として、前回は、
先頭集団に追いつく、
俊足ランナーの当事者であった、

わが国だけが、
初めてのショックを味わっている。


けれど、
他の先進国は、日本の登場によって、
もはや自分の国で、モノ作りを、
放棄したでしょうか??

決して、そうではない。


もちろん、処々の条件は違います。


けれど、
私たちに足りないのは、
たぶん、資源でも、技術でもなく、

「誇り」です。


追いつかれることを恐れているうちは、
苦痛と恐怖でしかありません。

いいではないですか。

彼らが同じ目線まで、来ることを待ちましょう。


それは、世界全体にとってのプラスでしょう。


そして、それだけではなく、私たちにとっての
プラスでしょう。


そして、対等に、対話をすればいいのです。
お互いに、お互いの誇りを持って o(^o^)o

お気楽と言われようと、
まずは、誇りを持たねば、何もできないと
思っています。


私は、見ていないのですが、「龍馬伝」が、
最終回なんですね。

「昔の人は、素晴らしかった・・・」なんて台詞は、
辞めましょうね。


龍馬は、今はもう、直接に歴史を動かすことはできない。
直接に歴史を動かせるのは、今を生きる、
あなたこそ、あなただけなのですから。

龍馬へは、かなわないものへの畏敬ではなく、
自らが何か学び取るべく者への尊望の視線を、
注ぎましょうか ('-^*)ok


下書きをしないで、簡単に書こうと思ったら、
いつもよりも、長くなってしまいました( 丿´д`)
反省 ○| ̄|_

最後まで、読んでくれた方、(途中で脱落した方も(笑)、)
ありがとうございました♪
posted by 秋田舞美 at 02:10| Comment(0) |  2−3.★企業支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。