2011年03月23日

社員研修講師@篠田興業

先週は、社員研修をしてまいりました。

企業は、私のブログに
よく登場していただいております
メロディーロードの篠田興業



北海道のカスタムフィット型
職業訓練という制度を利用し、

6時間 × 4日間 の日程で、
社員研修を行うというもの

IMG_1561切り取り.jpg



今回は、
営業関連の研修で、

営業はあまり
やったことないという方向けの
「他はプロでも営業は初級」コース


なので、
お約束は2つだけ。


1つ 大きな声で。

さらに、
1つ めちゃくちゃ積極的に。
  ・・・絶対、自分から手を挙げて発表


「旅の恥はかき捨て」ならぬ、
「研修の恥は、かき捨て」で、
普段、シャイな方でも、

上記の2つだけ、
絶〜っ対に、
守っていただきました。



簡単?、簡単すぎる?

そうかなぁ???


できてない営業さん、
たっくさん、見てるけどなぁ・・・

そうでしょ???



建築と同じ!!
基礎がしっかりしていると、

その上に、
ドンドン、積み重ねていけるのです。


基礎ができてないのに、
理論だけを、
積み重ねようとする研修は、
危険なのです。
 ((((゜д゜;)))) 


もちろん、
今までの経験に基づいてね♪


IMG_1557.JPG



2日間は、
SWOT等、多少の理論もあれど、


徹底的に、
あることを、していただきました。


それは・・・
自己紹介
w(゜o゜;)w


ビジネスとは、
誰かを幸せにすることです。

ですから、
人が、対価を支払うのは、
自分が、幸せになりたいから。


つまり、
人は、幸せ度数を上昇させてくれる
モノ、ヒト、コトにお金を払うのです。


そんな幸せ度数を上昇させる
モノ、ヒト、コトを、

広い意味での
「製品」と呼びます。



そして、「あなた」は、
「二重の意味」で、製品です

IMG_1565切り取り.jpg


まず、
(1)お客様にとって

対価を払うお客様にとって、
購入しているのは、

モノやサービスでも、
その担当者の対応一つで、

幸せ度数は、変わります。


同じモノでも、
特定のお店から、
ず〜っと購入するのはなぜか??

それは、そのお店の担当者が、
製品として、
大きなウェイトを占めているから。

つまり、
幸せ度数の上昇に、
モノだけではなく、
担当者が貢献しているのです。


そういった意味で、

「あなた」も、幸せ度数の上昇
(もしくは、減少)
に貢献する「製品」なのです。

※製品という言い方に、
 抵抗があるやもしれませんが




(2)企業にとって

あなたは、お客様にとってだけ、
製品なわけではありません。

あなた自身は、
あなたの一生を通じて、
ずっと、付き合っていく製品です。

あなたを支える製品は、
あなた自身です。



就職希望者を見ればわかります。
自分という製品を、どう売り込むか。


企業は、あなたの存在で、
企業の幸せ度数が上昇すると感じるから、
あなたと雇用関係を結んでいるのです。


そして、
あなたという製品は、
あなたが価値を高めたいと努力することで、

価値を高めることができます。


研修は、企業にとってだけではない、
企業のお客様にとってだけではない


あなた自身のための栄養なのです。





営業とは、
商品の価値を知り、
その価値をお客様に伝えることで、

お客様の幸せ度数を高める仕事です。


今後、
商品の魅力を伝えるために、


本研修では、
自分自身が一番よく知る製品である
「自分」を、

自分自身が、
普段考えていなかったことまで、

というか、
きちんと認識していなかったところまで、

考えて、まとめて、伝える。

これに、重点を置きました。


テーマを変えて、
何度も、何度も、
自己紹介。

皆様も、
自分について、
ちょっと深く、

考えたことって
最近、ありますか??




今までの経験で行くと、
この手法、
思った以上に、効果がありました!


今回は、2日間を2週間で、
4日間もあるので、

どれだけ、成果が出るか、
結構、楽しみです♪♪


※「製品」と「商品」には、諸説ありますが、
 私は、ここでは使い分けてないです。
 ゴロだけなので、深い意味はないです。


☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

本日も、余震があったんですね。

原発も、少し光が見えたとはいえ、
まだまだ、予断を許さない状況。

けれど、
少しずつ、回復してきています。

頑張ってください!!


それでは、
「日本を、元気に!!」
posted by 秋田舞美 at 00:22| Comment(0) |  2−1.★セミナー、講演
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。