2011年04月13日

むろらん♪ すずらん♪

本日は、室蘭でお仕事でした。
こちらに来るの久しぶりです猫


午前中から、打ち合わせし、

待望のお昼〜ファーストフード



わざわざ、
おいしいという
パスタ屋さんにへレストラン

・・・

・・・

行ったのに、
満員で、入れませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)




ですので、
こちらも美味しいという、

そば順へ。


こちらは、
「元祖たこ天そばの店」




たこ天??

あまり、聞きませんが、
文字通りです。(笑)

たこの天ぷらですひらめき

IMG_1707.JPG



こちらは、たこ天丼セット
IMG_1709.JPG



あっ、衣からタコでするんるん
IMG_1710.JPG



ちなみに、東室蘭:札幌間には、
スーパー北斗、北斗、すずらん
という3つの特急新幹線があります。

IMG_1712.JPG



すずらんは、札幌市の花なのに加えて、
室蘭の「らん」を、
掛け合わせているんでしょうか??

今日、初めて思ったんですが・・・あせあせ(飛び散る汗)



ところで、
帰りは、「北斗」に乗ったのでバス
星ネタで。


皆さん、
「北極星」は変わるって、
ご存知でしたexclamation&question




私たち文系脳での理解は、


「北極星蟹座」=それを中心に天体三日月が回転

なので、


え!?、変わるの???
((((゜д゜;))))
と思いますが、



よく考えてみれば、

「北極星射手座」=
 地球の自転軸の直線上(近く)にある星

ですので、


自転軸の振れ
(コマ台風をイメージしてください)により、
何千年周期では、
変わるんですって・・・ダッシュ(走り出すさま)



今の北極星は、
こぐま座のポラリスぴかぴか(新しい)



他に、
名前を聞いたことのある星では、

こと座のベガ
  (BC11,500頃 と AD13,700頃)
白鳥座のデネブ
  (AD10,200頃)

などなど。



しかも、
ベガを見れば、想像できるように、
北極星は、基本
2万5千年周期で、再度、
繰り返すのだそうです次項有


壮大ですね〜グッド(上向き矢印)



一見、私たちとは、
なんともかけ離れた
スケールの大きなお話ですが、



こうやって、
大きな周期で見ていると、

星たちの歴史でさえ、
また、繰り返すんですon



宇宙の中心地下鉄とも思われていた
北極星。

旅人が、それを目指し進んだ
指針ともなった、
北極星。



それさえも、移ろい、
巡り、
そして、繰り返すものだったんですね。




人間たちの指針も、
そうなのかもしれません。




私たちは、
人間は、進歩足
していると思い込んでいますが



ファッションと同じ、
巡るもの、回帰するものは、
あるのかもしれません。


近年の環境問題リゾートや、
今回の原発の事故、

今まで、メリットだけを
享受してきた私たちが、



いまさら、
責められるというわけではなくとも、

未来については、
考えさせられますね。



昔、エジプトで、
ピラミッドの基準となった北極星
(りゅう座のトゥバン)も、

今は、中心を外れようとも、

時が来れば時計
また、巡ってくるのです。




さてさて、
商業メモの盛んな札幌と違い、


室蘭は、製鉄をはじめとし、
工業の町、製造業TVの町です。



まだまだ、立派な工場ホテル
多いとはいえ、

一時期に比べれば、
活気を失いつつあるこの町バッド(下向き矢印)


モノを生み出すという行為が、
どんなに価値のあることかを、
再認識し、



再び、製造業が強い日本を、
室蘭を、取戻し、

そして、新しい北海道を、
築いていきたいですねexclamation×2



ここでも再び、
時が満ちて、
星々が周りだすように、
祈っていますぴかぴか(新しい)



☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆


最初の地震から、
一か月が経過。

札幌のテレビ塔なども、
継起としてライトアップひらめき再会
しましたね。



まだまだ、暗い話題も
続いていますが、


F・P・Jも、
頑張ってくれています!!


それでは、
「日本を、元気に!!」
posted by 秋田舞美 at 23:20| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。