2011年08月10日

インパクトと波紋

今日の昼食は、

ホテルオークラの杉ノ目で。

二段弁当
IMG_2456.JPG


一段目
IMG_2457.JPG

二段目
IMG_2458.JPG


IMG_2459.JPG



こちら、
北海道新聞の情報誌
オントナの企画

2000円ランチ スタンプラリー

で、

8レストランが、参加している
企画なんです。


って、
明日10日までなので、
行ってみてねっていう
ご紹介には、ならないのですが・・・




先日も、同じ企画の
円山のコートドールにて、


パテを乗せたカナッペ


とうもろこしのスープ
IMG_2446.JPG


野菜のゼリー寄せ
IMG_2449.JPG


もち豚
IMG_2451.JPG



そして、ケーキ屋さんらしく、
デザートは6種類から選択
IMG_2452.JPG


私は、イチゴのミルフィーユ
IMG_2453.JPG


こちらはチーズスフレ&いちじくのコンポート
IMG_2454.JPG


コーヒーなどに、プチお茶菓子も付きます。
IMG_2455.JPG



これで、2,100円!!



お得ですこと。
(=´∀`)人(´∀`=)




お店がするフェア、
キャンペーン。

最近は、クーポンや、
ネットでの共同オークション等、

割引の仕方も様々。




これは、もちろん、
広告宣伝の意味合いで、
行われます。



1つの企画により、
企業は、消費者に、

刺激(インパクト)を与えます。


水面に小石を投げ入れるように。




で、もちろん、重要なのは、
この時の直接売上ではなく、

その企画により、
認知度が上がること、
イメージが上がること。



インパクトによりできた波紋を、
どこまで、広げられるか、
深められるかです。



激安にすればするほど、
一時の認知度、顧客数は増加しますが、

傾向として、
定価でのリピート率は、下がります。




ただ、リピート率が下がっても、
ゼロになることはない。

100人来て、5人がリピーターに
なってくれれば、
原価の少ないサービス業であれば、
結局は、プラスです。




中小企業が成功するための秘訣は、

「安売りはするな!!」

価格だけが競争要因であれば、
大手には、勝てないからです。




ただ、
たま〜にあるのが、
安売りをしすぎない企業。



企業ブランドは、大切に
しなくてはいけないのですが、

顧客には、適度なインパクトを、
与えてあげないと、
認識さえもされません。



売上に対して、
どの程度のテコ入れをしなくては
いけないのか、


インパクトが大きければ、
波及も大きいです。




目的は、
安売りしない企業になるために。



安売りしない企業になるために、
必要な「安売り」、

考えてみて下さい。



☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

それでは、

「北海道を、元気に!!」
posted by 秋田舞美 at 01:49| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。