2011年08月15日

北京日記:万里の長城と駱駝

さて、北京日記2日目後半。
またまた、長くなりそうですね・・・

短く書く工夫をしなくては!!


■ 飲茶とアワビ


さて、やっとお昼です。
この日は、飲茶料理でした。


IMG_1871.JPG



美味しそうでしょ♪

IMG_1874.JPG



IMG_1872.JPG


いろんなことに慣れてきたせいか、
昨日より、美味しく感じます揺れるハート





で、1,000円ちょっと位、
追加したら、アワビの煮たのが、
食べられるとのこと。


私は、あまり興味ないのですが、
祖母は、好きだとのことで、
取り敢えず、一皿。

IMG_1873.JPG




けれど、、、



残念ながら、、、



これは、

ハ・ズ・レ ・゜・( 丿д`)・゜・



高級品の格安品は、
ダメですね。




■ 万里の長城 


さて、
次は、本命、万里の長城です!!


北京では、山の近くに行くと、
どこでもと言っていいくらい、
万里の長城チックな城壁が見えるのですが、


あれも、全部なのかなぁ???
謎なままに、帰ってきちゃいました(笑)
ダメですね。。。
 ヽ( ;´д`) 丿




途中までは、
ロープウェイで行くのです。

IMG_1877.JPG





イヤァッホー

IMG_1878.JPG




城壁、見えますか??

IMG_1879.JPG





まずは、
ベタな感じの一枚。

IMG_1887maru.jpg





後ろ、見えます??

IMG_1882.JPG




人、ひと、ヒト、
すし詰め、状態なんです!!

IMG_1890.JPG


観光地!!って感じです。

中国国内の方も多そうで、
さすがの人口だと思いました。。。




けれど、遠くを見渡せば、

IMG_1886.JPG





ズーム、ズーム、
ア〜ップ!!

IMG_1885.JPG




遥か彼方まで、
長城は続く。。。
 ヽ(´ー`)ノ




万里の長城は、
秦の始皇帝が最初に作り、

現在、残っているのは、
明時代のものが、ほとんどとか。




それにしても、長城は、
急勾配!!



まぁ、蛮族を、
「防ぐ」目的で、

「歩く」目的ではないのかも
しれませんが、



観光客には、
堪えます・・・ 
 (;´Д`A ```



これだと、馬で走れるのかしら??
歩きでも、かなりキツイですよ・・・

素早い移動となると、、、

ちょっと、難しいと思います。





ローマ軍は、
塀や堀を作った場合でも、

見張りの搭を、適切な距離を置いて、
配置し、

味方側には、
「高速道路」とも呼べる、
レンガで、
「歩きやすく」(=馬も人も高速で移動可)した
道路をしいたそうです。



これにより、
攻められた場合にも、
すばやく援軍が移動できる。


(ごめんなさい、結構、適当。
 塩野七生先生のご本のウロ覚え)




地形の違いがあり、
中国は、あまりに広大ですので、
単純な比較は、できませんが、



それに対し、
万里の長城は、
ずっと、

蛮族を、決して、
「入れない」文化として、



国を守ってきたのですね。




こういった軍事的戦略の違いは、
国民性、文化にも、
無関係では、ないと思います。



さて、
ロープウェイを見て、
たそがれながら、、、

IMG_1894.JPG




帰りま〜す。

下りロープウェイ。

IMG_1897.JPG





下に降りたらば、

とうもろこしアイスを購入。

IMG_1898.JPG



実は、30℃超で、めちゃくちゃ、
暑いのです晴れ


IMG_1899.JPG


あっ、これ、
おいしい・・・  (>Σ<)




日本で、発売してくれたら、
絶対、買います!!
(昔、あったような気もしなくもないけど・・・)



実は、こういうビジネスのコネタ、
案外、落ちてます。
  (;¬_¬)ジー



先日も、
ちょっと、小ネタ程度に、お教えした食材、
実際に、輸入始めた方が、いらっしゃいました。


ある国では、メジャーだし、
味も美味しいけど、
知られてない。。。


世界には、
まだまだ、ヒントがありますよ。
  ('-^*)「





ちなみに、コツは、
常に、
ビジネスの目で見ることです。
(笑)



あっ、これ売れそう!とか。
○○さんに、紹介したらいい!とか。

案外、見てるのに、
通り過ぎちゃうんですよね。



私も、100%活かせてるとは
言えないのですが、

ヒントを多く見ることは、
打席に多く立つこと。



もちろん、
打率のアップもしたいけど、
まずは、ヒント獲得という
打席に立つこと


つまり、違う文化に触れることですね♪




ちなみに、
私、こちらでやっと!

IMG_1901.JPG


駱駝に乗れました♪

前回、トルコで乗れなかった
雪辱を遂げたのでした〜。
 ヽ(*`▽´)ノ


お気に入りの一枚なんですカメラ




■ 明の十三陵


さてさて、
まだまだ、観光は続きます。

続きましては、明の十三陵。
お墓です。

IMG_1908maru.jpg



明の13人の皇帝と、
23人の皇后、1人の貴妃が、
埋葬されているとか・・・



そして、
こちらは、お墓を守ってます!!

龍の息子九兄弟のうち、
長男の贔屓くん。

IMG_1905maru.jpg


漢字は、「ひいき」と書きますが、
読みは、「ひき」or「びし」だそうです。
φ(..)メモメモ


亀さんに似ています。



頭をなでると幸せになるそうで、
祖母、ナデナデ実行中。
 ( i_i)\(^_^) ナデナデ





十三陵へは、
かなり歩くとのこと、

祖母は、距離は平気なのですが、
スピードが自信がなく、
迷惑をかけては・・・ということで、


二人で、休憩して待たせてもらいました。
  (=´∀`)人(´∀`=)  ノンビ〜リ




待っていた場所には、
象さんテーブル&イスが。

IMG_1912.JPG

IMG_1913.JPG





この奥が、十三陵のようです。
定陵は、地下にあるんですって。
 φ(..)メモメモ

IMG_1915.JPG




壺も綺麗。

IMG_1916.JPG



私と祖母は、すごく性格が、
似てるんです。


待ってる間も、
二人で、
フラフラフラフラ。
 (=´∀`)人(´∀`=)


お土産の皇帝トランプまで買って、
楽しんでました!!

IMG_2465.JPG

下の3枚、右から、
始皇帝
成吉思汗
ラストエンペラーの溥儀
だと思います。

ちなみに、これ、
100円位だったんですよ!!





さて、
皆さんが戻ってくるのを待って、



あらあら、
まだ、あるんですか・・・
暗くなってきましたよ。




そう、最後に、
とっておきのがあるのです!!


■ 再度、万里の長城


そう、万里の長城の麓まで、戻りまして、


ぴかぴか(新しい)ライトアップぴかぴか(新しい)
があるのです。


IMG_1920.JPG


お昼は、灼熱なのに、
夜は、寒い、
気温差の激しい北京なので、

かなり、
ブルブルだったのですが、
 ((((゜д゜)))) ブルブル 

見られて、よかったです。
 ( ´∀`)/



はぁ〜、疲れきったところで、
おやすみなさい。
( 丿д`)zzz


☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆


それでは、
「北海道を、元気に!!」
posted by 秋田舞美 at 23:06| Comment(0) |  5−1.♪私的 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。