2012年06月17日

いざ、中国へ! ♪メロディーロード♪

前から、何度か、ブログにも記載しております、

車(セダン)が走ると、
道路に刻まれた溝により
音(音楽音楽)がなる、



さらに、最近は、
言葉も話す演劇
「しゃべるDO」
まで登場した



メロディーロードの篠田興業




ついに、
中国進出飛行機です!!



【日経新聞 6月6日号】
(篠田興業など、中国進出)
120606篠田興業中国進出日経.png



やったね!! わーい(嬉しい顔)手(チョキ)





このお話し、昨年度末から、
進んでいたんですが次項有

実は、当初は、
ビジネスライクなルートとは、
ちょっと違う、アプローチゴルフがありまして。。。



日本(とは言っても、九州)で働いている
一般の方から、知人が興味目を持っている・・・
というファーストコンタクトだったのです。





こちらには、
国際契約本等の高度な知識もないし、
やはり、問題になることもあるし、

たっいへん、失礼なんですが、
大丈夫かしらね??? と。
(ごめんなさいね。ふらふら




取り敢えず、国際取引にも詳しい、
元商社勤務飛行機の専門家や、

海外取引関連の公的団体眼鏡も交えて、
どんなもんですかね〜と、
お話しを進めていった案件でした。




実って、嬉しい・・・
・゜・( 丿д`)・゜・ 






さてさて、

今回の件で、ポイントexclamation×2は、


「海外で飛行機儲けよう」
ではなく、
「海外施工をブランド価値に」戦略を、
とったこと。





知名度は高いのですが、同社は、
10名前後の小企業家

当初の対応を見ても、
同社が、主導権手(グー)を握り、
利益を、ガッツリと狙うことは、



対応力や契約面で考えても、
特許で守りにくい本製品の特性から考えても、
非常に、危険です爆弾




よって、
・大企業系列の協力猫を得、
 施工は、大成建設系列の大成ロテック

・自らは、技術協力・指導の立場メモ




つまり、今回の件は、

@多大な利益を見込むわけではない

けれど、
A海外への実績を引っ提げて、
 国内を中心とした、
 広告宣伝・ブランド価値アップ




企業には、
様々な戦略がありえます。

舞い上がりダッシュ(走り出すさま)すぎて、
冷静な判断ができなくならぬよう、




大きな話しが飛び込んできた時ほど、
軸足スキーを据えた、


けれど、過剰に憶病にならずに、
きちんとプラスぴかぴか(新しい)面を導き出せる
対応が必要です。




実際に、行動するのは、
難しいですけどね (^_^;




篠田社長、素敵るんるん



☆*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆



それでは、

「北海道を、元気に!!」
posted by 秋田舞美 at 23:36| Comment(0) |  2−3.★企業支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。