2021年01月29日

希少性か、存在感か

松阪牛&夕張メロンから着想を得た記載3日目。
同じ話題が長引いてスミマセン・・・
実は、単にこの情報を記載したかっただけなのですが、なるべく正確に記載しようと思ったばかりに、全三回の投稿になってしまいました。

過去投稿
〇松阪市に足を踏み入れたことのない、松阪牛
〇産地の夕張メロン、品質管理の松阪牛

本日は個別の事例というよりも、ブランディングのお話なのですが、分かりやすくするために、再度、地名との関係のみを整理します!
●夕張メロン:夕張市のみ
●松阪牛:松阪市だけでなく、周辺旧22市町村


人間、何か利権があると独り占めしたくなるものですし、
「ブランディング=希少性を上げていくこと=数を絞る」という側面がもありますので、なるべく主体を絞ったほうが良いと思われるかもしれません。

ただ、そのようなブランディングは一側面としては正しく、ブランドの確立には希少性も大切ですが、そもそもブランドが確立されていなければ、ブランドの存在感がなければどうしようもありません。

素敵なブランドだと思うから希少性が価値を持つのであって、
「なんじゃそれ??」みたいなブランドが数を絞ろうが、誰も見向きもしませんよね。


ですので、競合がいる場合、同じブランディングでも、2つの異なるアプローチがあります。
●他社を排他することによる希少性
●仲間を増やすことによる市場での存在感

どちらに、どこまで重きを置いていくかです。


希少性を高めるブランディングだけではなく、流通量を増加させることで、業界全体の市場シェアを増やしていく、業界ブランディングも重要なのです。



北海道で、花畑牧場が生キャラメルを発売してヒットした際、
「生キャラメルの元祖はノースプレインファームなのに!」という声が上がり、消費者の中には花畑牧場に対して、マイナスの感情を発信する方もいました。
けれど、「生キャラメル」が全国区になったことにより、元祖生キャラメル ノースプレインファームの知名度も、格段にアップしたんですね。


ノースプレインファーム様HP 生キャラメルへの想い
生キャラメル.png


当時の二社の関係性は分かりませんし、相談して手を組んでブランディングをしたわけではないでしょうが、
「生キャラメルを作っている会社」が「生キャラメルをつくっている会社」を競合としてみるよりも、

「生キャラメルを作っている会社同士」が「全国のお菓子メーカー」をライバルとして、お菓子業界での生キャラメルの存在感を増していく、というほうが生キャラメル業界全体の利益になるのです。

ノースプレインファーム様 生キャラメル 販売サイト(数量限定)


スケートで浅田真央ちゃんが活躍すればフィギュアスケート人口が増え、
石川遼君が活躍すれば、ゴルフ人口が増える。

良いライバルが活躍することは、業界躍進のチャンスなのです。



競合を周辺市町村とは見ずに全国の牛肉をライバルとして見て、松阪周辺市町村一丸となってブランディングに取組んでいると考えれば、良い取組みと見えてきますよね♪


ただ・・・
松阪市があるので、松阪市外でも生産地区ならOKというところだけ切り取って伝わってしまうと、せっかくきちんとブランディングしているイメージがマイナスになりかねないので、
埼玉県とさいたま市もあることですし、旧22市町村を「松阪地区」とする何らかの行政判断をしてもらえば、このあたりの誠実性もクリアできるかもですね(笑)
 ↑適当(笑)



希少性と市場の存在感、どちらに焦点を当てた戦略を行っていくかは、
 ・元からある知名度
 ・主体である団体(企業)の規模
 ・現在の市場シェア
 ・市場全体規模の大きさ(伸びられるポテンシャル)
等々ありますので、どちらの戦略が良くて、どちらが間違っているとは言えません。

夕張メロンのように、すでに知名度を獲得している状態であれば、希少性を売りにするほうが合理的でしょうし。



ただ、
私の考える理想的なマーケティングは、
一社の利益だけではなく、
  適切な業界拡大に貢献し、
    日本の景気向上にも寄与する
マーケティング
ですので、

●実質的な品質を重視した管理
●周辺市町村の利益を排他しない


松阪牛の取組みは、私としては好きです。
嫌な書き方をしてごめんなさい!


そして松阪牛も、夕張メロンも大好きです♪
posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月28日

産地の夕張メロン、品質管理の松阪牛

さて、昨日の松阪牛って松阪市の牛とは限らないという投稿の続きで、夕張メロンとの違いを例にしながら、ブランディングについて記載していきたいと思います。


■夕張メロンの商標
夕張メロンは、商標を取得しています。
夕張メロンの商標.png
↑夕張メロン商標の一部
(商標とは商品の分野別に出すので、夕張メロンゼリーと夕張メロンでは、区分を分けて取得する必要があります。夕張メロンは、メロンだけではなく、メロン加工品でも商標を取得しているので、ロゴやシールも合わせると50ほどの商標を取得しています。)

※画像は、特許情報プラットフォーム|J-PlatPat [JPP]のHP


夕張メロンの商標の権利者は、夕張市農業協同組合でありますので、その組合員(農家さん)のみが独占して使用できる。
つまり、他市町村のメロンは夕張メロンを名乗ることができない、というわけです。


■夕張メロンの定義
夕張メロン商標の権利者である夕張市農業協同組合のホームページには、夕張メロンの明確な「定義」というものは載っておらず、定義は明確に設定されていない、または明示公開はされていないかと思います。

定義ではないものの、夕張メロンには共撰品と個撰品があります。

@共撰品
夕張農協の審査を通過したもの
糖度、ネット、形状、大きさなどで「特秀」「秀」「優」「良」と4段階 の等級がある

A個撰品
共撰品にもれたもののうち、個々の農家さんがOKだと出荷するもの
(個人の判断)

B上記以外(規格外)
個撰品にもなれないものは、ゼリーやジュースなどの加工品へ
 →規格外品も、加工品としては夕張メロンを名乗れます
  (夕張メロンゼリーなど)

上記の通り、規格になれるかどうかはおいしさ(糖度)の他、大きさやネット(網目)も大きく関係してくるため、一概に共撰品のほうが品質がいいとは言えませんが、
個撰品については、個々の農家さんによる独自の栽培で、個々の農家さんによる選定基準で、「夕張メロン」として出荷されているということになります。


なお、本筋とは離れますが、
●共撰品→白い箱
●個撰品→茶色い箱
で流通しているとのことで、ギフト用なら白箱、ご家庭用にコスパ良く美味しくであれば、茶色い箱をとのこと。



昨日の松阪牛に並んで、ちょっと意地悪な言い方をすれば、規格や等級に関係なく、夕張農協の管轄であれば、独自の判断でも夕張メロンを名乗れ、加工品も含めれば全て夕張メロンと名乗れちゃうということです。
(取材したわけではありませんので、加工食品についてなど実務としては違っているとしたら申し訳ありませんが、少なくとも対外的な表記としてはそう読めます。)




ではでは、一方、昨日悪口のように書いてしまった松阪牛!
取組として、とてもきちんとされている部分も多いので、記載していきます。

■松阪牛の商標
松阪牛は、地域団体商標を取得しています。
権利者は、松阪肉事業協同組合の他、松阪農業組合、伊勢農業組合など生産地区の農業組合も含めた複数主体が権利者となっております。
松阪.png
※画像は、特許情報プラットフォーム|J-PlatPat [JPP]のHP


松阪肉事業協同組合は、松阪市内の松阪肉に携わる食肉事業会社の組合です。



※地域団体商標とは
商標は通常、「普通名詞(犬やトマトなど)」や「地名」のみでは取得できません。
しかし、地域ブランド保護の観点から、一定の知名度を前提に、「地名+商品(サービス)」の商標を、地域に根差した団体(農業法人や商工会など)が取得できるよう、要件が緩和された商標を登録商標といいます。





松阪牛は、2006年4月1日の施工日に出願していますね。
登録は2007年2月なので、初回登録(2006年10月)の52件には入っていないようですが、地域団体商標の黎明期からの登録商標です。


ちなみに、夕張メロンは全国知名度があるため、商標の特例措置(商標法3条2項)を使って地域団体商標ができる前から商標を取得していたため、地域団体商標ではありません



■松阪牛の定義
松阪牛の定義は、松阪牛協議会によって明確に定められています。

松阪牛協議会は、松阪牛個体識別管理システムに加入している生産者(肥育農家)と
松阪牛生産地域の市・町で構成されており、現在の会長は松阪市長です。
松阪牛.png
※画像は、松阪牛協議会HPより

▼松阪牛の定義
・黒毛和種、未経産の雌牛
・松阪牛個体識別管理システムに登録されていること
・松阪牛生産区域(旧22市町村)での肥育期間が最長・最終であること
※生後12ヶ月齢までに松阪牛生産区域に導入され、
  導入後の移動は生産区域内に限る。
以上の条件をすべて満たし出荷されたものが松阪牛と定められています。


▼個体識別管理システム
全国の個体識別管理に先駆けて導入されたものとのことで、サンプルによるととても細かい情報が載ってます!
肥育場所や期間などの基本情報の他、牛ちゃんの名前、血統、おじいちゃん牛おばあちゃん牛のお名前までわかっちゃいます。笑
個体情報.png
※画像は、松阪牛協議会HPより

これに加えて、農家情報、と畜・出荷情報も記載されています。


▼肥育農家さんの情報
そして、肥育農家さんの情報も、氏名・顔写真付きでHPに公開されています。
農家.png
※画像は、松阪牛協議会HPより

きちんとした管理体制を取り、定義や生育過程を公開していくことで、
●品質を確保していこう
ブランド価値を向上させよう

という気概が感じられます!


ですので、ザーーーーーックリ言いますと、

■夕張メロン
・夕張市のみ
・品質や要件について明確な定義はない?
(HP等にはなし)
・管理体制、選定基準は相対的に厳しくない
(個々の農家による個撰品も夕張メロンを名乗れる)


■松阪牛
・松阪市以外の定められた周辺市町村もOK
定義を明確に定め公表
・個体番号も配した情報公開、品質確保


なので、題名は、地域の夕張メロン、品質管理の松阪牛としました。



■番外編:神戸ビーフの定義
そして、松阪牛よりさらに厳しく、肉質基準を満たさないと認められないのが神戸ビーフです。
神戸ビーフの地域団体商標権利者は、神戸肉流通推進協議会。

神戸ビーフは、但馬牛の上位概念というか、但馬牛のうち基準を満たしたものが神戸ビーフになります。
但馬牛自体の定義も厳しく、(ザックリ抜粋)
 ・繁殖から肉牛として出荷数するまで登録会員
 ・生後28ヵ月令以上から60ヵ月令以下の雌牛・去勢牛
   =生まれも育ちも但馬牛なんですね。

神戸ビーフ.png
※画像は、神戸肉流通推進協議会HPより

そして、神戸ビーフを名乗れるかどうかは、但馬牛のうち、最後の食肉になったに高い等級を確保できたもののみとなります。
要件に該当しなかったものは、単なる但馬牛として出荷されます。

また、元となる但馬牛自体にも等級要件があり、肉質等級があまりに低ければ、但馬牛とさえ表記することもできません。


■生産地域以外の条件
・夕張メロン 個々の農家判断(農協に選ばれた共撰以外も可)
・松阪牛  和牛、未経産雌。個体識別などの管理
・神戸ビーフ 繁殖から出荷まで登録会員。等級など肉質条件



消費者としては商標を取得していれば、権利団体がどう定義・管理しているかなんて、あまり気にしませんが、団体によってブランドをどう保護していきたいかという意識・手法は大きく違い、それがその後の品質確保、売上に影響を与えていく。

商標は、単にとった!で終わりではなく、その後の管理&活用が鍵になるということですね。


さてさて、今日で終えようと思っていたのですが、なるべく正確にと思いますと記載が長くなってしまい、続けて両者(+神戸ビーフ)のブランディングについて記載すると分かりにくくなりそうです。
両者のブランディングについての記載は、明日させてください!

しかも、更新遅れちゃいました。
ゴメンナサイ!


関連投稿
〇松阪市に足を踏み入れたことのない、松阪牛
〇希少性か、存在感か
posted by 秋田舞美 at 07:32| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月27日

松阪市に足を踏み入れたことのない、松阪牛

昨日の定義と皆さんの認識が違うのではないかという事例として「日本製」を取り上げましたので、
本日は、同様に定義と認識が、ちょっと違うかもなぁという事例を1つ。


私も大好きなお肉についてのお話しです♪
肉好きとは言え、なかなか食べられる機会もない?高級肉、三大牛の1つで代表格ともいえる松阪牛について。

で、皆さんの意識との違いを記載したいので、今日の投稿では松阪牛についてゴメンナサイな記載になってますが、私としては質を保つための実質性に重きを置いたブランド管理としては、松阪牛の取組を素晴らしいと思っており、明日の記載いたします!
松阪牛のブランディングの素晴らしさについて述べた明日の投稿も読んでくださいね!


■松阪牛(まつさかうし、まつさかぎゅう)
  ×松牛、まつかうし、まつかぎゅう


松阪牛と呼ばれるには、様々な厳しい条件がありますが、そのうち「松阪」という地名に関する定義について。

●肥育期間の最長・最終
●松坂牛生産地域(※)であること

●生後12ヶ月齢までに松阪牛生産区域に移動していること
 (その後はずっと生産区域)

松阪牛生産地域とは、2004年時の松阪市周辺22市町村。
(市町村再編が行われたため、「旧22市町村」と呼ばれます。)
つまり松阪市以外でも、周辺の明和町・多気町・玉城町・度会町・大台町の全域
津市・伊勢市・大紀町の一部地域なども入ります。
4230806_s.jpg
※写真はイメージです


意地悪な見方をすると
@生まれる場所、育つ場所・期間
・生まれるのは全国どこでも良く
・飼育期間の半分以下&最後の飼育期間が
松阪牛生産地域であれば、前半はどこで育っていても良い

A最後に育つ場所
松阪市内に限らず、周辺旧22市町村でも良い。

ですので、松阪市に一歩も足を踏み入れたことにない牛さんでも、松阪牛と定義されます。


例えば、、、

兵庫県で10ヵ月育った牛を買ってきて、松阪市で17ヵ月育てた場合
・・・松阪牛 〇

兵庫県で10ヵ月育った牛を買ってきて、伊勢市内の生産地区で17ヵ月育てた場合
・・・松阪牛 〇


もちろん他にも、
●黒毛和種、未経産の雌牛
●松阪牛個体識別管理システムに登録されていること
などの厳しーい条件がありますので、松阪牛が美味しいことに間違いはないと思います!

私も今日知った豆知識。
松阪牛にはオスはいないんですね。
神戸ビーフや近江牛は去勢されたオスもいるそうです。



■夕張メロンとの比較
このあたりが、夕張市でなくてはいけない夕張メロンとは違いますね。
隣の富良野市で作っているものは夕張メロンとは名乗れず、富良野メロンになりますので。
4094914_s.jpg
※写真はイメージです


こんな書き方をすると、夕張メロンはきちんとしてて、松阪牛はきちんとしていないようですが、そんなことは全然ないのです!!!!
個人的には、とてもきちんと管理されている仕組みだと思っています。

定義を定めずにおくと品質についても適当なものが「松阪牛」を名乗ってしまいますし、定義をきちんと設定・公開して管理されているということですから!
市町村だって再編がありますから、松阪市なのか、昔は「松阪と呼ばれていた地区全体」なのかって、牛肉の質としてはそんな影響を与えるものではないと思いますし。
4000922_s.jpg
※写真はイメージです


明日は、夕張メロンとの違いを述べながら、私が松阪牛のブランディングに、基本的には好感を持っている理由を記載したいと思います。

松阪牛のブランディングのすばらしさについてはコチラ
posted by 秋田舞美 at 05:40| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月26日

日本製って何!?

実際の実例なので、ちょっと業種・商品などを変えて説明します
  &
一年ほど前の話になるのですが、失礼!


昨年(2020年)3月初旬、中国ではコロナが蔓延し、コロナの影響が日本でも拡大していたころ。

5月オープン予定だったあるレストランの新規オープンが延期になりました。
オリンピック前にオープンさせたかったのに、ガッカリする皆様。
(この時点では、オリンピックは中止決定しておらず)


理由は、このレストランに不可欠な特注のテーブルが届かないから。
というのも、そのテーブルは中国で原材料確保・かなりの部分までの加工をしていたようで。
コロナによる影響で、中国からものが入ってこなくなっちゃったんですね。
4221653_s.jpg

別に中国で作ること自体が悪いことではないんですが、このメーカー「日本製」を売りにしていて、そのレストランが多少高くてもこのメーカーに決めたのは「日本製」だったからなんです。


ちなみに、こちらの企業、皆様も名前を知っている大手メーカーです!
※事例を変えさせていただいたので、家具メーカーではありません。



※以下、分かりにくい&事実を誤認させる表現があったため、追記・修正してあります。


これ、詐欺でも何でもなく、「日本製」の定義が曖昧だから。


景品表示法の
原産国:商品の内容について実質的な変更をもらたす行為(実質的変更行為)が行われた場所

とはなっていますが、

〇実質的変更行為というものが明確ではない
〇産地偽装等の明確な違反以外での措置命令(罰則)に積極的ではない

こともあり、明確な線引きがされていない状態になってしまっていると言えます。

※参考:消費者庁HP(執行状況2020年度)



こう書くと、とても不誠実なことのように聞こえますが、工業製品ですと、ネジ一本まで全て日本の原材料&加工で作るのって現実的なことではないので、ある程度妥当なことでして。
問題は、法的に示された日本製の定義と、一般的な感覚としての日本製という言葉が乖離しているかどうかです。


ですので、例えばマスクの加工で言いますと、個人的には「布からマスク」への「実質的な変更をもらたす行為(=原産国を分ける分岐点)」は、「縫製」ではないかと思います。
4276946_s.jpg


日本での作業 中国での作業 として

>>>>>>>>>>>>>>>>
原材料(不織布)裁断プリーツ加工縫製紐づけ
 =中国製

原材料(不織布)裁断プリーツ加工縫製紐づけ
 =日本製
>>>>>>>>>>>>>>>>>>


また、悪質な企業になると、最終工程だけ日本で行えば日本製という理解をしている企業さえ存在します。

>>>>>>>>>>>>>
原材料(不織布)裁断プリーツ加工縫製紐づけ
 =日本製?
>>>>>>>>>>>>>


マスクでの事例
日本製.png


特に、
マスクのように
A工程→B工程→C工程と、
一工程ずつ進捗しているものであれば分かりやすいですが、

〇部品A組立
〇部品B組立
〇部品C組立
  →他国で製造

〇A、B、Cの統合
  →日本で作業

の場合、「ABC統合」が「実質的な変更をもらたす行為」となって、日本製と表記される可能性が高いです。


合体ロボで行ったら、頭、手、足、胴体は他国でくみ上げて、最後のロボにする工程だけ国内で行えば、日本製と表記される可能性が高いということです。



日本製の製品を選ぶのも選ばないのも自由ですが、「日本製=全工程を日本で作っている」のでは決してないことを、選択のための情報材料の一つにしてくださいね♪

そして日本人は「日本製」「国産」が好きなので、それをマーケティング的に使うため、製品の完成だけを日本で行っている企業が、残念ながら少数あることを覚えておいてください。


※私、2日ほど間違って7時公開にしていましたが、毎日6時公開のつもりです。
posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月22日

理性? 感性? byうう女

皆様、うさうさ脳診断というものを知っていますか?

二枚貝様のサイトで紹介されている脳診断なんですが、脳の働きをインプット、アウトプット別に、右脳派、左脳派で分けるというもの


@を組んでインプット脳を診断する
右の親指が下 → 右脳
左の親指が下 → 左脳
手.png
※画像:二枚貝様オフィシャルサイト



Aを組んでアウトプット脳を診断する
右の腕が下 → 右脳
左の腕が下 → 左脳
腕.png
※画像:二枚貝様オフィシャルサイト



診断結果は、
二枚貝様オフィシャルサイトから♪


さてさて、私がこの脳診断を知ったのは、食関連のお仕事でお知り合いになったシェフのお料理教室で!
そのお料理教室は、診断結果+あだ名を書いた名札を胸につけて授業を行っていたんですね。
140742800_746832019297111_556118086488520635_n.jpg


これは、何故か!
といいますと・・・

お料理教室などでは、インプット脳がどちらかが重要になるとのこと。


同じ課程でも、
●左脳派(理性)
「お肉に対して〇%のお塩を振りかけて10分間置きます。
 温度が170℃付近になったら、表面〇分、裏面〇分で揚げましょう」

●右脳派(感性)
「だいたい一つまみ、これ位のお塩を振って、馴染んだらOKです。
 菜箸を入れてジュッとなったら、片面がきつね色になるまで。
 ひっくり返して、ジュワーと音がしなくなったら出来上がり!」

という風に、分かりやすい説明の仕方が違うので、その方に合わせた説明をしたいからとのこと!
※説明は超適当です


面白くて興味をひく上に、使い分けられる説明能力も素晴らしいですね♪


人間の脳は複雑ですので、完全にこの診断で全て分かるわけではないのうさうさ診断も万能ではないでしょうが
確かに、どういう説明の仕方が響くかって、人によって違います!


その人に合わせた手法で伝えていくことって、大切だなと思いました。
一人の人に対してもそうですが、商品説明でも、
機能性を羅列、グラフやデータを多用したほうが響くタイプの人と

イメージ的な画像を入れ、創り手の想いを語ったほうが響くタイプの人、

両方いらっしゃいますよね。



きちんと両方に応えられる説明責任を果たしていきたいですね。
(または、商品によっては「理性型のタイプの方中心に購入して欲しい」「感性型の人に響く商品に違いない!」というターゲティングもあるかと。)



さてさて、私はうう
うう女.png
※画像:二枚貝様オフィシャルサイトより


うう女は、女性では一番インパクトが強く
無鉄砲なチャレンジャー
らしいです。

そうかなぁ・・・??
最近は、そうでもなかったので、チャレンジャーになれるように頑張ります!
posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月21日

適正価格とは?? 〇〇を営める価格

皆さん、牛丼の適正価格って、いくらだと思いますか?

2021年1月の牛丼の値段は、
●吉野家 352円(税抜)
●すき家 350円(税込)
●松屋(牛めし) 320円(税込)
●松屋(プレミアム牛めし 380円(税込))※2
※順不同、全てHPから
※2松屋の牛めしとプレミアム牛めしは併売しておらず、関東近辺の店舗ではプレミアム牛めしのみの販売
2443009_s.jpg


この価格水準が染みついてしまっているので、町の定食屋さんが800円、1,000円で牛丼を出すのを、なんとなく高いなと感じてしまいますよね。

ただ、飲食業界での原価は、一般的に3割付近と言われています。
350円で牛丼を出すには、原価(ここでは≒材料費)は105ちょっと。
原価.png


多分、一個人の経営形態では無理ですよね・・・


大手牛丼チェーン店の価格は
●大量(大ロット)の仕入による安価な材料
 (海外からの直接買い付け含む)
●学生バイトなど安価な人件費の活用
●好立地と高い回転率
●徹底的な業務効率化
(食券などのシステムの他、提供までの秒数や1つ1つの調理器具までも徹底的に追及)

により、なりたっているのです。



これと同じ水準の価格で勝負して提供することすらかなり厳しいのに、家族経営であっても、店主(経営者)が暮らしていけるだけの賃金を捻出することは不可能に近いと思います。

私はマーケティングのコンサルタントなので、解消すべき課題はまず「売れない」ことではあるのですが、売れないよりも厄介なのが、「売れてるにも関わらず貧しいことだったりします。
市場が定めた適正価格に振り回されているのであれば、「売れているのに貧しい」状況になることは否めません。


そして、経営者の賃金は社会保障費を加味する必要もある上に、賃金の上昇なく、それが一生続くもの。
つまり、例えば、最もお金がかかる子供の教育期間を乗り越えるだけの収入を確保する必要があります。

消費者の皆さん、こう考えると・・・
経営が成り立つという意味での適正価格って、市場の平均価格と比べてどうでしょうか?



本来あるべき姿という意味での「適正価格」とは、勤勉に働き努力すれば、経営者(家族経営の八百屋さん、定食屋さんも含めて)が、一般的な社会生活が営めるレベルの収入を得られる価格帯だと思っています。


硬い言葉で単純に言えば、売上主義から利益主義への転換。
ですが、そういう数値管理手法以上の意味を、この問題は孕んでいると思います。


私がこう主張するのは、中小企業のコンサルタントとして、消費者よりも中小企業経営者の味方だから・・・ではなく、近いうちに詳述しますが、消費者とは、福祉による税金を介す場合を含めて、何らかの賃金を直接、または間接的に享受するものだからです。

賃金を得る手法を確立せずに、国力の回復はありませんし、消費者である国民の幸せもありません。



値決めは経営です!
価格による勝負ではなく、企業の特徴・個性(尖り)を前面に押し出したマーケティングで、
安売ではなく、高売りできる企業になりましょう。
そして、それは日本や世界の発展にも寄与するものになります。

マーケティングの心構えとともに、尖り型マーケティングについて、少しずつ記載していきますね!


※昨日の記事、テーマが2つになっており分かりにくかったので、2つの記事に分割いたしました。
posted by 秋田舞美 at 05:53| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月20日

製造できぬものに、消費する力は残るのか?

皆様、Tシャツの適正価格っていくらだと思いますか?
1,500円? 3,000円??
5,000円までいくと、結構お高めの良いTシャツだなって思う人も多いですよね、きっと。
4247134_s-2.jpg

ただ、皆さんがそのTシャツを作るとしたらいくらかかるでしょうか・・・
布の代金、ミシンの減価償却費、作っている間の人件費を加味したら・・・
5,000円でも安いですよね。
8,000円? 10,000円??

なぜ、こんなに安くできるのか。
発展途上国の安価な人件費などが背景にあると言われますよね。


人件費の差とは、つまり物価の差ですが、
事実として知っていても、(私も含め)実感としては分かっていない人も多いこと。
戦後〜高度経済成長期には、私達日本も「安価な人件費を武器として」世界に進出したのです。
そして、我々が先進国の仲間入りを果たし、それどころかアメリカの中心部の土地でさえ買い占めた後、バブルは崩壊。

そして次に、安価な人件費を武器に台頭してきたのが、中国でした。
その中国も発展を迎え、国勢からも不透明な状況ではありますが、イギリスの調査研究機関が発表した、2028年には名目GDPで中国がアメリカを抜くという予測もあります。


それもあって今、「安価」というレベルで人件費を考えるには、中国ではちょっと苦しくて、東南アジアのベトナムやカンボジア。
4267297_s.jpg

日本→中国→東南アジア諸国という「安価な人件費」の推移は、国力の発展過程にも重なります。
現在、安価な人件費で製造をお願いできている、それらの国々も発展してきた場合、我々は、東南アジアの次は、アフリカ・・・と、どんどん安い人件費を求めてさまようのでしょうか?

また、そのような彷徨える日本人になった時に、日本のモノづくりは、製造業はどうなってしまうのでしょうか?
製造のできぬものに、消費をする力は残っているのでしょうか?



私は、産み出すという意味を持ったモノづくりがとても好きですし、製造業なしには、どうやっても世界は成り立ちません。
未来につながるITなどの産業も素晴らしいですが、愚直にモノを創り出す能力も、我が国は失わずにいてくれたらなと思います。

製造業の従事者が、幸せに生きていけるためにも、安売りをしない、自分の個性で物を売る「尖り型マーケティング」を進めていければと思います。

※昨日の投稿、テーマが2つになってしまい分かりにくかったので分割しました。
posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月19日

どっちのチラシがいいですか? に答えるのは至難の業・・・

たまに、初めてお会いした企業さんから聞かれることがあるんです。
「どっちのチラシがいいですか?」
って。

あと、Facebookを見ていると、よくこんな広告が出てきます。
「右のチラシと左のチラシ、成果を出したのはどちらでしょう?」
というもの。


こういった質問の場合、「このチラシ分かりにくい(見にくい)ですよ」という指摘以外は、答えることが難しいです。


何故なら、
@商品特性・コンセプト
Aターゲット
B配られるシチュエーション
C配る主体の知名度
D企業のCI
E現在のブランディング
F今後の販売方針


これらを加味しないと、その広告が適切かというものが、判断できないからです。


@、Aは分かりやすいと思います。

@商品特性・コンセプト
@―1 業種・商品市場の特性
(競合企業との比較ではなく、その商品市場自体の特徴)
(例えば、「掃除機」というものが)
・日常使いか、ハレの日のものか。
・一生に数度しか買わないものか、週に何度も買うものか。
・人生に大きな影響のあるものか(人命・健康等)、そうでないか
・必需品か、娯楽か

@―2 その会社の商品の市場の中での特性
競合と比べた特徴)
・高級なものか、庶民的なものか
・品質が高い物か、コスパがいいものか
・(店舗であれば)立地は良いか、悪いか
746263.png



Aターゲット
そして、@の延長線上でのターゲット
そもそもマスを狙った誰にでも受ける商品か、ピンポイントなターゲットか
・どの年代をターゲットにしているか
・男女、職業、年収などの切り分け

イメージだけではなく、年代で読みやすい文字の大きさも違いますよね。


上記の2つは、それなりに考慮されることも多いかと思います。
けれど、他に下記の観点も必要になります。



B配られるシチュエーション
大きくは、「読んでもらえる確率」が高いか低いかになります。

・ポスター(場所はどこに貼る?)
・チラシ(新聞、折り込みチラシ、
   ポスティング、駅前手渡し、ダイレクトメール)
・既存顧客へ(請求書に同封、初回の打ち合わせに持参)

それぞれのシチュエーションで、広告に求められるものは大きく違います。
同じA4版のチラシだとしても、新聞折込と請求書に同封するチラシでは気を付ける点が全く違います。

●アイキャッチキャッチコピーや商品写真)
●伝えるの内容の豊富さ価格やコース設定、商品の細かい特徴)

見てすぐ捨てられる可能性があるものはアイキャッチに重点を置きますし、読んでもらえる可能性が高いものは、ある程度消費者を引き付けるだけの細かい情報量を入れ込みます。

ここについては記載すると長くなるので、後日、まとめて記載いたします。
800288.jpg



C配る主体の知名度
これについても長く書きたいので、詳細は後日なのですが。
おおざっぱに言えば、大企業と中小企業。
大企業は、すでに名前が分かられてるので、「怪しくない」「品質は悪くない」という最低限の情報はお客様にインプットされています。
中小企業はまず、商品だけではなく企業そのものの説明、特に「怪しい企業じゃない」ことを伝えることが必要になるので、大きな出遅れがあります。

大企業ではなくても、自社を認識してくれているお得意様へのチラシであれば、企業そのものの説明は省くことができるので、その点も違いますね。



DCIについて
これは、前に2回に分けて書きましたので、詳述はしませんが・・・
1つのチラシであっても、その企業と認識させる必要があります。

CIについて

コンビニやスーパーのように、分かりやすいロゴやコーポレートカラーを用いて、「その企業である」というアイデンティティ(独自性)を認識させるのです。



E現在のブランディング
同じイケメンと呼ばれる男性の映画パンフレットでも、
 ・高倉健さん
 ・福山雅治さん
 ・EXILEのTAKAHIROさん←精一杯
 ・人気ジャニーズ Jr.←ついていくのの限界
※ジャニーズのファンの皆様、おばちゃんなんで許してください・・・
1222881 (1).png
全部、イメージが違うので、「誰のものか?」を聞かないと、良い悪いも言えませんよね?

企業も同じです。
吉野家さんの広告と、三ツ星フレンチレストランの広告が違うのは、想像がつきますよね。

良い広告か悪い広告かだけではなく、どんな主体か、どんなブランディングかによって、その広告が相応しいかどうかは大きく違います。



F今後の販売方針(短期的な販売戦略)
Eとも絡むのですが。
例えば、今のターゲットは40代でも、今後20代のお客様を獲得していきたいとしたら。
それを考慮して、意識的に広告・プロモーションもフレッシュなものにしていかなければいけないですよね。



さらに言えば、E、Fができてない場合、
G根底となる販売戦略の立案
そもそも、どういった販売戦略を行っていくかを、立て直すことになります。




ですので、「ザッと聞かせて!」と言われても、正直、答えられません。笑

そして、シチュエーションやターゲットも明示せず、どちらのチラシのほうが売れたでしょう?っていう広告を見るたびに、個人的にはこの質問どうなんだろうってモヤモヤしてます・・・
ゴメンナサイ!

まぁ、上記に記載したアイキャッチとの関連で、詳しく語れないのはしょうがないことは理解しておりますし、文章量の関係で、私も同様のことしてないとは言い切れないのですが・・・



さてさて文章で書くと長ったらしいのですが・・・
どんな広告、チラシ、パンフレットが、お客様の心に響くかな??と考えること!
全ての基本はそこです!

初心に戻って、その気持ちを中心に考えてみてください♪



posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月11日

もったいなーい!! CIが生んだ悲劇!A

昨日は、企業のCI、イメージ統一・ブランディングについて説明しました。
CI.png
※昨日の投稿はコチラ


今回は、中小企業の残念な例を、実際の事例をいくつか組み合わせた架空の参考例で説明したいと思います。



ある地方都市にあるX社さんは、減少していく売上にテコ入れを図るべく、広告宣伝に力を入れていました。
チラシだけではなく、新聞にも高額なカラーの全5段広告を載せたり、ケーブルテレビでCMを流したり。
既存のお客様にはダイレクトメール(葉書)を送り、ホームページも一新しました。
全5段:一般的に新聞1ページの約1/3。一番下にあることが多い


場所は駅前の一等地。
広告の効果はどうかなと楽しみに待っていましたが・・・
広告を見てやってくるお客様はほとんどいません




それは、なぜか!!


これ、多分、CIの失敗が大きかったんです。
X社が、チラシや新聞などの広告媒体で使っていたイメージはこんな感じでした。


■チラシ、新聞
生活.png

安易にキャッチコピーつけるなら、「Life with You」って感じですかね?
爽やかで、生活に寄り添ってくれる企業かなぁという感じがしますね。



■ホームページ
そして、ホームページはこんな感じ。
クール.png

こだわりのある職人肌の企業な感じ。
キャッチコピーつけるなら、「本物を作り、届ける。ただそれだけ」とか。笑
 



■看板、名刺、ダイレクトメール
なのに看板は、こんな感じでした・・・
ダサイ.png

なんていうか・・・
洗練されてないけど、お人好しな感じですかね。
キャッチコピーとかは、、、ついてないかな。笑
「生活用品・日用品の秋田商会」みたいな!



これ、看板がダサいからダメなわけじゃないんです!
個人的には、ファッションとかデザイン性を主張しなければいけない分野や高級な製品以外では、ダサかろうが認識させたもの勝ちな分野って、結構多いと思うんですよね。

ただ、悪いのはイメージが統一されていなかったこと。
実際にそういうお客さんが来店したんですが、広告を見た後に、駅前を通って看板を見ても、「同じお店だって気が付かなかった」って言うんです。
偶然、お店に買いに来て、そして偶然お店に置いてあったチラシを見て、「えっ、このチラシのお店だったんですねー。CMも見たことありました。」と!



こういったことがなぜ起こるのか!?

こういう企業さんのは、常に提案の中で一番いいと思ったものを選んでしまっているからなんですね。

●看板や名刺は創業当時から何十年も使ってきており、みんな秋田商会といえば黄緑×黒と認識されているから変えたくないと。

●ホームページは、制作会社さんが看板のイメージじゃ古いので・・・と何案か持ってきてくれたもののうち、一番オシャレなものにしたと。

●チラシも、広告代理店に作ってもらって、さわやかさが気に入ったとのこと。
CI関連.png
イメージがチグハグチグハグ


看板で場所が気づいてもらえないだけではなく、それぞれの広告を好む人の趣向も違います。
新聞広告を見て素敵だと思った人が、ホームページを検索してみたら、なんか思った企業と違う・・・って感じてしまったり。



ホームページ、CM、新聞、チラシ、名刺と媒体が多岐にわたると、扱っている広告代理店やデザイナーさんも変わります。

企業が自分のCIをきちんと提示しなければ、それぞれのデザイナーさんのセンスで作品が出来上がってきますので、
その中から、一番オシャレだと思うものを選ぶと、その時々で、イメージが違ってしまうのは当然なんです。。。



こうして、3つ並べると(この事例だと、特に、1つがダサいので。笑)、こーんなことしないよと思われている経営者様!

御社の名刺、HP、企業パンフレット、封筒、チラシ、きちんとCI意識されて作っていますか?
これらが全て、統一的なイメージのもと作られている企業さんは、むしろ少数派だと思います。

実際、どちらもオシャレではあるものの、HP(カッコイイ!高い!)と看板(大きい!高い!)が全然イメージが違って、ホームページ見てきた人が店舗をすぐには見つけられなかったとか、そんな事例は山ほどあります。
これって、それぞれに多額のお金を払っていても、相乗効果が全くないってことなんです!


CIというと、大企業では有名デザイナーに頼んでロゴに数千万円かけましたーとかいう話も聞こえてくるので、「CIなんて大企業のもの」という気持ちもあるかもしれません。

ただ、これをみてドキっとした経営者さん!
まずは、CIについて考えてみて、そしてコーポレート・カラーに気を配るだけでも大きく変わりますよ!

posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年01月10日

もったいなーい!! CIが生んだ悲劇!@

さてさて皆様、こちらの図を見てどんな業種か想像がつきますか??
色.png

答えは・・・





















なんて、もったいぶる必要もないですよね!

多分、正答率 99.9%。
コンビニです。
コンビニロゴ.png



さてさて、みなさんがどうして色だけで企業を突き止めることができたのか!
これは、企業さんのCIがしっかりしていたからなんですね。

CI(corporate identity)
企業文化の特性や独自性を統一されたイメージやデザインで表現し、企業イメージを根付かせていくこと
CI.png

ロゴが代表的なものになりますが、それだけではなくコーポレート・カラーやコーポレート・メッセージ、社名やブランド名など全体を含めたイメージ統一、ブランディングと考えていただければと思います。



そして、先ほどのクイズ(にもなってませんが。笑)では、コーポレートカラーとしての企業認識が、どれだけ我々に浸透しているかを実感していただけたかと思います。


名前を書かなくても、色やロゴで即座に認識してもらえる。
CIって大切ですね。


ところが!
中小企業はどうかというと!!

ジャジャーン!
不幸は起ってしまったのです!

次回は、CIが生んだ悲劇!
明日記載いたしますね。



続きはコチラ
posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年05月22日

私、遊びます!!笑  感動に貪欲たれ!

私は、平成19年の1月に札幌で創業し、
平成26年7月に、関東に拠点を移しました。

こちらに、お仕事があったわけではなく、
全く持って一からの開拓。


千葉商大の客員講師にはなっていたんですが、
実は、土日まとめての社会人コースなので、実は担当科目は年5日。
それしかお仕事がない状況で、
でも、関東というか全国展開してお仕事がしたいなと移転したんです。


だから、初年度と次の年くらいは、とにかく必死で、
かつ、売上減少も経験したことから、精神的にも節約がしみ込んで、
今も、好きだった旅行とかにも行かず、過ごしています。


けれど、最近、これじゃいけないなと思うようになってきました。


感動に貪欲.png

感動に貪欲たれ!

商品が呼び起こす感動とは、
企業の感動が原動力となる
「共感としての感動」。

経営者様の感動だけが、
感動の連鎖たるマーケティングの
発起点となりえます。




人の心を動かすには、自分が心動かされることを、
体験しなければいけない。

だから、
人に何かを販売する人間は、
貪欲に楽しみ、貪欲に感動していかなければならないと思っています。



そして、マーケティングをする人間として、
何より、時流や様々な娯楽にも、通じていなければいけないと思います。

ツラツラと述べましたが、、、
まとめると、、、



私、遊びます!!


先々週は、夜の遊園地でのリアル脱出ゲームに行ってまいりました。
夜の巨大監獄.png

全く脱出できそうにありませんでしたが、
なぜか私以外、柔道・空手の黒帯という武闘派なチームでして!
バトルでしたら勝てそうでした。

夜の遊園地は、忍び込んだ感もあって、
ドキドキします♪
60361747_2272944649590522_7035218725053661184_n.jpg


先週末は、ゆるスポーツ体験してきました♪
190327_yurusports_poster_ol.jpg

芋虫でほふく前進するいもむしラグビーや、
100cmを動きを止めず(←これ重要)に、なるべく遅く走り切る?
1m走など、ゆるそうでいながら真剣に取り組め、楽しめるスポーツ。
60523678_2277894879095499_3649010562643263488_n.jpg

障がい者のかたも、一緒に楽しめるものであったり、
種目によっては、老人ホームなどでも大人気だとか。


そろそろ、旅行にも行きたいですし、
沢山遊んで、たくさん心を動かされて、たくさんインプットして、
皆様に還元していきます!!

posted by 秋田舞美 at 02:48| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年04月20日

商標って、おいくらですか?@ 区分

商標の登録料、納めてきました♪
57072662_2257374231147564_1209871070144757760_n.jpg


知的財産は、今後、ますます重要になってくるので、何回か記載しますね。
さてさて、商標って登録にいくらかかるのでしょうか?


商標には、第〇類という区分があり、実は、この数によって金額がことなります。
bunnrui.png

それぞれの分類に何が含まれるかは、特許庁のサイトから検索できます。
コチラ


例えば、アパレル・ブランドであれば、
@アクセサリー
第14類 貴金属、貴金属製品であって他の類に属しないもの、宝飾品及び時計

Aかばん
第18類 革及びその模造品、旅行用品並びに馬具

B服、靴
第25類 被服及び履物


などへの登録が必要になり、3区分に登録することになります。


特許出願料、そして登録されたときの登録料、両方が、
(基本料)+区分数×料金
という料金となっているため、区分数が増えるほど、商標も高額になります。


出願料
基本料金3,400円+1分類につき8,600円

登録料
1分類につき16,400円(5年間)または28,200円(10年間)


詳しくは、また次回説明しますね♪


posted by 秋田舞美 at 00:53| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年04月08日

模倣「させて」いるうちは、絶対に負けない!

週末はお花見に行ってまいりました♪
56555933_395115501220453_5921753092130340864_n.jpg

先々週あたりに日程を決めた時、
「多分もう散っちゃってるだろうけど、ピクニックですね。」
と言っていたんですが、

先週の寒波のおかげで見事に満開な桜。
56466308_277168403162996_3769206231739138048_n.jpg


気候も良く、心地よく過ごせたお花見でした。



さてさて、ワタクシの顧問先企業様。
工場見学を開催しているのですが、同業者ウェルカム♪とのこと。

製造業の皆様、やはり警戒するのは模倣されることなので、
警戒が厳しくなったりもします。



顧問先企業は、その地域ではNo1の企業なのですが、
社長がおっしゃるには、

「模倣しようとしているうちは勝てない、
    だからうちは負けない」とのこと。

他社が自分の工場を見て、これ位かぁと思うと、
「そこまですればいいんだ」と思うので、
伸びてきても、そこまで(今の自分の位置まで)。

だから、自社もその間、努力すれば抜かれることはない。



けれど、それを秘密にしていると、
「あれもできるんじゃないか」
「いや、ここまでいってるんじゃないか」
と、疑心暗鬼が加速して、ライバルがメチャクチャ努力する。

だから、
ライバルがどこまで力を伸ばしてくるか分からない。

だから、トップ企業である自分が工場見学
=ノウハウ公開をすることは、
トップである〇〇社はこれくらいなんだ、
じゃあ、自分もそこを目指そう。となるので、
それ以上の存在にはなりえないとのことなのです。

模倣させているうちは、負けない。と。



しかも、
すごいかどうかって、見ても分かんないってことに気付いたと。

「うちの工場、見ただけじゃすごそうに見えないんだよ。」
って何が!?と思ったんですが、

正直な同業者さんがいらした時、
別に、普通だね〜」と言われたと。

ただ、一時間当たりの処理能力を説明したらビックリしていたと。
同業者が驚くくらいの生産性だったんですね。

ただ、機械の大きさが違うわけでもなければ、
働いている人もアクセクしておらず、
むしろ余裕をもって動いている。

それ以来、ノウハウを公開しても、
そのすごさが分かる人って、本当、少ないんだと思ったとか。



さらに、こっちに呼んだからには、
先方に、「工場見せてよ。」と言ってもNOとは言えないと。



@自分が他社の目標でいるうちは、絶対に負けない
Aノウハウを公開しても、そのすごさが分かるのは一部
B自社が公開すれば、他社もNOと言えなくなる。


と、自社の工場を、競合他社に公開するのは、
良いことだらけとのことでした♪

posted by 秋田舞美 at 03:27| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年02月27日

値上げの心得

少し前まで、
商品について、支援機関さんなどに相談すると、

「高すぎる! 値下げが必要!!」
ってアドバイスされました〜って帰ってくる企業さん、
多かったです。


でも、最近は、
「安いが売りのもの」と「高くて価値のあるもの」を理解し、
「もっと値上げして売りましょう!」
ってアドバイスしてくださる金融機関・支援機関さん、
多くなってきたかなと思います♪



ただ、
肝心の「値上げするために必要なこと」を、
ご説明していただいていないことがほとんどで。



先日、お会いした経営者さん(お菓子販売)も、
「いろんな方に、もっと値上しなと言われるんですが・・・」

確かに、
材料品質、シェフ(本業は高級フレンチのシェフでした)の腕など、
お菓子のクオリティとしては、
もっと高く販売してもおかしくないもの。



けれど、
そのままで、高く売れる状態ではなかったんですよね。
お菓子自体に、安っぽさが残ってしまっていた。

例えば、パッケージだったり、
チラシ、そしてお菓子自体への最後の仕上的なビジュアル。
d5d3fd5ae1616b4057b9c06687044e22_s.jpg



商品品質だけではなく、
商品コンセプトの明確化を含め、
こういった安っぽさを解消して初めて、
値上した価格は、妥当なものだと判断していただくことができます。

特に、中小企業の経営者さんは、
商品品質にはこだわっているのに、
包装資材とかは10円単位で節約しやって安っぽくなっちゃってる企業さん、
とても多いです!


良い商品を安くお届けしたいという良心、
とても素敵なことなのですが、
素敵な商品を、価値が分かってくれるかたにお届けするには、
それでは届かないことがあります。


値上を前提に、
では、何が必要か?を考えていくことが大切です。

1個20円の節約でも、100個頼んだら2,000円。
利益の少ない状態で、2,000円はとても大きい。

けれど、20円節約するのをやめて、
100円値上げ
することを考える。

そういった発想が必要な時もあります。



値上を行うことは、私は大歓迎♪
でも、その価格に見合う価値を創り出すために何をするか。
商品の品質以外の部分でも考えていく必要があります。

安っぽさが1つでもあれば、
それは、高い価格では売れません!


経営者さんは、気にかけて。

支援機関さん、同業者さん、
せっかく値上を提案していただけるのであれば、
どうぞ、そこを具体的に提案していただければ、
良い製品ができるかなと思います♪

posted by 秋田舞美 at 09:28| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年02月25日

値上は正しいこと! 〜マーケ専門家のHP制作 78万円+税へ〜

2月から、
HP制作を78万円+税に値上げさせていただきました!
banner_hp.jpg



さてさて、こちら、
2017年9月に雑誌連載していた記事。
52255790_2091748117587163_653892368335896576_n.jpg

この時38万円で、昨年58万円とし、
今年から78万円となりました♪


うーん、ボッタクリ!?



ただ、自分でいくつか制作してみて、
38万円では、全く持って原価にもならないことが分かりました。

加えて、
自分が制作するHPには、
少なくとも78万円以上の価値があるということは、
自信を持つことができました♪



だから、
自信をもって、値上げしました。




正しく価値のあるものには、
正しく価値を払う。

これは、当たり前のことです。


なのに、
しばらく続いたデフレの世の中は、
価値のあるものであっても、
なるべーく安く手に入れることを、
善としてきました。


これでは、企業は疲弊します。
企業が疲弊すれば、そこに働く従業員も疲弊します。
従業員とは消費者です。

不況の悪いスパイラル、説明するまでもないですよね。



特に、中小企業は、製造ロットも小さくて、
大企業に比べて、原価が高くなるのが当たり前なんです。

なのに、逆に、
知名度のない中小企業だからって、
値段を下げてじゃないと売れないと思い込んでいる。

それは違います!



市場価格に合わせて、安く作るんじゃなくて、
きちんと価値あるもの、
そして企業さんが自分自身を誇れるものを作る
お手伝いをすること。

そして、
その価値が伝わるようなマーケティングをしていくこと。


それが、私の目指すマーケティングです。
安売りをしない、高売りをするのが、
私のマーケティングです。

もちろん、その分、満足度を上げていくことを目指します。



そんなマーケティングを目指しているから、
自分が提供する製品の価格も、
誇りをもって、値上げていくことができるのです♪

posted by 秋田舞美 at 04:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年02月24日

未来を見つめる女性、過去を見つめる男性D決め手のコミュ力

この未来女性、過去男性も、
本記事を最終回にします♪

経営者とコンサル(中小企業診断士)のマッチング、
 若手女性診断士 & 男性ベテラン経営者
 男性ベテラン診断士 & 女性創業者
も、いいんじゃないですか?というお話し。


なのに、
なぜ、私(女性診断士)に、女性創業者案件ばかりが、
持ち込まれるのか!

これ、女性創業者の相談にのれる診断士が、
他にいないからだと思うのです。



経営者は、友達を探しているわけではない。
だから、補い合うものを持っているコンサルを必要としている。
なので、属性が違うコンサルとは、業務的な相性は良い。

ただ、
どちらが話しやすいか、という人の相性で言ったら、
多分、属性が似た相手のほうが、話しやすい。

だって、お友達って、だいたい、
年齢も、性別も、似たような人を選びますよね、基本は。



女性創業者ときちんとコミュニケーションをとれる
ベテラン男性診断士が不足している。

だから、
私みたいな女性診断士に、女性創業者案件がまわってくる。

男性診断士批判として言いたいわけではなく、



逆に、若手の女性診断士は、
ベテランの男性診断士とお話しするのが苦手だったり、
ビジネス的な信頼を得られるような話し方ができなかったり、
するのです。


属性が正反対の経営者&コンサルは、
業務上の相性は良い。

ただ、それは、
コンサル(診断士)側に、違う属性のかたとも通じ合える、
コミュニケーション能力が必要になる。

というところでしょうか。



なので、違う属性の経営者さんとも、
上手にお話しできるという診断士
さん。
それは、とーっても大きな尖りになります!!



5回ずっと、男性・女性を正反対のものとして、
記載してきましたが、
全てが男女で割り切れるわけではありませし、
あくまで傾向です。


ただ、
こういう切り口もあるのだなと、思っていただければ♪



企業さんと診断士をマッチングさせる金融機関さん・支援機関さん、

そして、
自分の尖り(個性)を探している中小企業診断士&コンサルむけの
メッセージでした♪

posted by 秋田舞美 at 04:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年02月23日

未来を見つめる女性、過去を見つめる男性C女性創業者強い!

前の記事で、
再生とかカタ〜イお仕事ばかりしていた男性診断士さんが、

私の化学反応を起こすためには、違う主体を!
私(女性診断士) → ベテラン経営者
男性ベテラン診断士 → 女性創業者
は、良いコンビになる!

という雑誌記事を読んでいただいて、
今、女性創業者に大人気というおはなし♪



さらに、続きがありまして・・・
そのかた、おっしゃるんです!

「関わる前は、女性創業者って甘い!
って、思ってたんですって。


事業計画も甘い!
市場調査も甘い!
金銭的な収支計画も甘い!
業界常識への理解も甘い!

ビジネスに対する真剣度合いが足りないんじゃないのって。


さて、ここで、
前に記載した男性と女性の創業の違いを再掲。

男性型創業(経験型創業)
【良い点】
・業界の常識、商慣習が分かっている
・経営(ビジネス)に関する感覚が、
  (女性創業者と比べて相対的に)高い

【悪い点】
・業界常識を越えた発想が少ない



女性型創業(理想型創業)
【良い点】
・業界に新風を吹き込む、新たな発想を持っている

【悪い点】
・業界の常識、商慣習に疎い
・(主婦創業などは)ビジネス的な感性での思考が苦手



これって、まさに女性創業のデメリットなんですよね。



でも!
その方の言葉は続きました。

好きなことをやってる女性は、折れない!
だから、きちんとコンサルすれば、
驚くほど能力が伸びるって。

女性ビジコン.jpg
(2017年の女性向けビジネスコンテスト)



そこなんですよね。

女性の創業者、金融機関や支援機関に相談に行って・・・

「経験も実績もない分野でやっていこうなんて、
   そんなに世の中甘くない」
って言われて、ショックを受けた方もいらっしゃいました。



女性の創業は、経験が不足していることも多く、
その分、計画にリアリティや具体性が少なくない。



確かに、世の中は甘くないから、
きちんと、計画を煮詰めていく必要があります。

でもだからこそ、コンサルの役割があるわけです。




だから、女性創業者にも、
ピッタリの、「経営」というものの厳しさを一緒に考えてくれる、
良いパートナーとなるコンサルがいてくれるといいなぁと。

ベテランの男性中小企業診断士の中には、
気が付いてないんだけど、
女性創業者の良いパートナーになれるかた、
いらっしゃるんじゃないかなぁと思います♪

posted by 秋田舞美 at 04:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年02月22日

未来を見つめる女性、過去を見つめる男性Bある男性診断士より

先日、ある場所で講演をしたら、
ある男性診断士に、お礼を言っていただけたんです。

「秋田先生のおかげで、自分の診断士人生が一変した」って。


というのも、
私、一昨年(2017年1月〜12月)、「月刊 企業診断」という雑誌で、
マーケティングの連載をさせていただいていたんですが、
51565926_560891974413997_3086350450794954752_n.jpg



前の記事「未来を見つめる女性、過去を見つめる男性A」で、
記載した、

経営者さんは、お友達を探しているわけではないから、
苦手なことを補い合って、化学反応を起こすためには、

・女性コンサル→男性ベテラン経営者
・男性コンサル→女性創業者

の組み合わせが、有効である。
という部分を読んで、
「これだ!」って思ったそうです!


その中小企業診断士さん、
それまで再生とか、固〜いお仕事しかしてこなかったと。

でも、、、
「もしかして、自分と女性創業者、相性がいいのでは!?」
って思い始めたんですって!!



それが、今や、
口コミで、女性創業者ガツガツと。

先日、女性向けビジコンでは、
ファイナリスト10名中8名が担当した女性創業者で、
逆に、マズいんじゃないの!?と思っちゃったそう(笑)


ねっ、違う主体の組み合わせが有効なの、
本当でしょ♪


posted by 秋田舞美 at 04:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年02月21日

未来を見つめる女性、過去を見つめる男性A私のターゲット

さてさて、
皆さんが金融機関や支援機関の職員さんだとして、
ある企業の経営者さんから相談を受けました。

どのような経営者さんなら、
私に依頼をしますか???


答えは・・・
というわけではないのですが、

私が一番相性が良いと感じているターゲット
  かつ
一番問い合わせが多い経営者属性は、



男性のベテラン経営者です。

100歩譲って?(笑)、男性じゃないにしても、
ベテランの経営者さんです。



なのに、、、ご紹介いただくのは、
女性創業者ばかり!!

なーぜーか!!

女性だから、女性の気持ち分かるでしょう♪
ってことなんですよね。



もちろん、それは正しいです。
多分、お話は盛り上がりますし、
不安とかは聞いて差し上げられる面もあるかと。

けれど、経営者さんは、
別に、お友達を探しに来てるわけじゃないですよね。



企業さんがコンサルに求めているのは、
分からないこと、苦手なことをアドバイスして欲しいのです。

ザックリですが、
以前、整理した表。
52486684_1291812180966299_5921111015994425344_n.jpg


この時、尖り型マーケのことを、
まだコンセプト・マーケって読んでたので、
そこは読み替えてください。



ベテラン男性経営者さん
【優れている点】
・業界知識、ノウハウが豊富
・長年の経営手腕

【足りない点】
・業界の常識にとらわれない発想
・自分の強み(尖り)の再認識


女性創業者さん
【優れている点】
・新たな発想
・自分の尖り(やりたいことが明確)

【足りない点】
・業界知識や商慣習
・経営というもの全般に関する知識


乱暴な整理ですが、
あくまで傾向として、捉えてください。



で!!!
私は、
・様々な業種のコンサルをしている
  (業種についての知識はない)

・企業の尖り(強み)を見つけた
  ブランディングが専門



さてさて、
相性がいいのは、どちらでしょーうか??

はい!
明確ですよね。

明らかに、
ベテラン男性経営者とのほうが、
お互いに、足りないものを埋めあって、

化学反応を起こすことができるのです。



支援機関の皆様、今までの固定観念を払しょくして、
ぜひ、女性の診断士に、男性ベテラン経営者をぶつけてみてください!


次回は、
逆もまた然り!というお話をしたいと思います♪
posted by 秋田舞美 at 04:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2019年02月20日

未来を見つめる女性、過去を見つめる男性@創業者

ある研修の講師をして、
思いがけず嬉しいことがありましたので、
2〜3回に分けて、ご紹介させてください。


最近は、行っておりませんが、
私、創業塾の講師(マーケティング部分のみ)なども、
することがありました。

で、そこで感じるのが・・・
男性は過去を見て創業し、
女性は未来を見て創業するということ。
女性と男性.png


こう言うと、男性がウジウジしたダメダメみたいですが、
そういう訳ではありませんで。笑

男性は、自らの経験、とか元の職業に近い分野で
創業することが多いのです。

一方、女性は、主婦→創業もあり得るくらい、
自分の不満解消「こんな製品あったらいいのに」とか、
趣味とか「世の中をもっと素敵なものに変えたい!」で、
創業することが多いのです。


なので、メリットも、デメリットも、
得意なことも苦手なことも違います。



男性型創業(経験型創業)
【良い点】
・業界の常識、商慣習が分かっている
・経営(ビジネス)に関する感覚が、
  (女性創業者と比べて相対的に)高い

【悪い点】
・業界常識を越えた発想が少ない


女性型創業(理想型創業)
【良い点】
・業界に新風を吹き込む、新たな発想を持っている

【悪い点】
・業界の常識、商慣習に疎い
・(主婦創業などは)ビジネス的な感性での思考が苦手


同じ、創業に関する悩みでも、
経験から来るものと、未来への理想から来るもの、
これだけ違うんです!

もちろん、これは男女差だけではなく、
面白い発想で創業する男性や、
ビジネス感性に優れた女性もいらっしゃいます。

あくまで傾向ですが、
私が見てきた範囲の創業に対するスタンスの違いです♪


これ以降は、次回に・・・
posted by 秋田舞美 at 04:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考