2018年09月17日

マーケティングとは、誇りを持つ者の責務

マーケティングとは、狭義には、
企業が自社の製品を売るためにする一連の行動かと思います。

では、
マーケティングとは、自社のためだけにするものでしょうか??


マーケティングとは、
あなたの商品・サービスに出会うことで、
真に幸せになることができる人に、
その幸せになることができる情報を提供する行為です。

中小企業の経営者さんは、
自社の商品が、社会を幸せにすることができると、
何の疑念も持たずに信じています。


そうであれば、
あなたの商品の素晴らしさを謳うことは、
御社のためだけではなく、社会のためなのです。

自分の商品に、誇りを持っていればこそ、
マーケティングを行うことは、単なる自己PRではなく、
社会のために行う行為です。

マーケ責務.png

「うちは口コミでお客さんがくるから、
 マーケティングは必要ないです。」
という企業さんもいらっしゃるかもしれません。


けれど、
自社の売上が確保できているからというものではなく、

お金目だけではないと、
信念のために仕事をしていると言い切れる企業ほど、
マーケティングをする「責務」があるのです。
posted by 秋田舞美 at 02:21| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2018年06月29日

理論政策更新研修(全国での講演予定)

中小企業診断士は、5年に一度の更新の際、
理論政策更新研修を5回受けている必要があります。

なので、年1回ペースです。


私の尖り型マーケティングが、
研修のテーマに選定され、いくつかの支部でお話をさせて
いただきます♪
riron.png


7月21日 愛知県
7月27日 東京都
7月28日 千葉県
8月25日 富山県
9月1日 秋田県
9月15日 静岡県(浜松)
9月21日 愛知県
9月29日 静岡県
10月13日 山形県
10月19日 北海道(※)
12月19日 東京都
平成31年2月16日 広島県(福島市)

理論研修のご案内 → コチラ

詳細な場所と日程 → コチラ


主催は、中小企業診断協会。
※北海道のみ、あきない総合研究所主催


■お申込み
北海道以外 → コチラ


北海道(札幌) → コチラ
(あきない総合研究所のサイト)
posted by 秋田舞美 at 03:54| Comment(0) |  2−1.★セミナー、講演

2018年06月19日

BIGLOBEニュースさん掲載

前の記事のセミナー、
BIGLOBEニュースさんに掲載していただきました♪

野口医学研究所ビジネス交流会2018年夏 2018年6月14日(木)16:30開催
33868348_2053883388163317_6878491996873293824_n.jpg


ネット媒体が出てきて、様々載せていただけるようになってきたのは、
嬉しいですね♪


posted by 秋田舞美 at 02:01| Comment(0) |  2−5.★メディア掲載:本人

営業マーケティング セミナー

先週は、野口医学研究所のビジネス交流会で、
セミナーをさせていただきました♪
noguti.png

CIMG3599.JPG



今回は、経営者さんや支援機関職員さん対象ではなく、
企業の営業さんが対象の「営業マーケティング」のセミナーでした。
営業マーケティング.png



私のマーケティングは、戦術よりも戦略、
ブランディングに近いので、
セルフ・ブランディングの分野から、

小手先の営業技術ではなく、
自分らしい営業スタイルの確立という意味では、
お役に立てるかなと思っています。
CIMG3592.JPG



とても盛り上がるビジネス交流会と伺っていて、
懇親会では、熱心にご質問もいただき、
前半は、ごはんにありつけないという嬉しい事態に♡(笑)
CIMG3608.JPG


あと何度か煮詰めていって、
今年は、「営業マーケティング」の講演メニュー、
確立したいなと思っております♪
posted by 秋田舞美 at 01:56| Comment(0) |  2−1.★セミナー、講演

2018年06月17日

最初のハードル

昨日は、友人の作曲家 伴正人さん解説?司会?のコンサートに
行ってきました。
伴さんは、映画音楽、ゲーム音楽から、ショーなどの音楽演出まで、
エンターテイナーな作曲家さん。
35399299_2062314887320167_1035312561169367040_n.jpg


コンサートに司会って何!?と思っていたのですが、
クラシックの初級編としては司会がいてもいいというか、
「司会って必須!!」と思ったコンサートでした。

(飲み会と変わらない?)軽妙な語り口で、人類と音楽の出会いから、
作曲家の人生、和音などの音楽知識と、
NHKのらららクラシックばりの素敵な司会♪
「人類が最初に驚いた音=おなら」説は、絶妙でした!(笑)
35348069_2062312267320429_1460557144297308160_n.jpg


クラシックは、やっぱり「とっつきにくい」イメージから、
心理的なハードルがあるもの。



昨日のコンサートは、途中、誰が弾くかで、
ダチョウ倶楽部さん状態になってみたり、
普通に、漫才!?みたいな感じで、見ていて楽しい。

そして、曲の背景とか説明してくれるので、
そうなんだって、演奏も楽しい♪



一番最初のハードルを下げて、
潜在的なお客様にファンになってもらう仕組み、
特に、斜陽業界では大切ですよね。

スキーでは、19歳のリフト代金を無料にしたり、
雪マジ.png


着物の、着付けを無料で教えたり、
無料.png


マーケティングって、
短期的に企業の売上を伸ばしていくだけではなく、

長期的に、市場を創っていく活動、
つまり、誰かに楽しいを伝えて、つまり誰かの幸せを創り出す活動、
とても大切ですね♪



なお、伴さん一人だけ、宣材写真の解像度があまりにヒドいのが、
個人的にツボでした。
写真撮りましょうね♪
タグ:音楽 母集団
posted by 秋田舞美 at 01:18| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2018年06月14日

上川管内商工会職員協議会 総会(全体研修会)

またまた、ブログを書かな過ぎて、
反省している私です・・・

まずは、材料のあるものからザクザクと・・・

先週は、北海道の北側 上川管内で、
商工会職員協議会の総会があり、
その全体研修を担当させていただきました♪
秋田先生4.jpg

今回、ちょっとかために、論文と同じテーマ。
「顧客至上主義脱却としての尖り型マーケティング」
秋田先生2.jpg


今回は、経営者さん相手ではなく、
企業さんにアドバイスをしている商工会職員さん向けだったので、
アドバイスする時のポイントとして。

進出する市場として、
成長市場=善、衰退市場=悪と思われがちだけど、
それって、アドバイスとして正しい??とかも、
お話させていただきました。
秋田先生6.jpg


終了後、企業さんへのアドバイス方法についての質問はもちろんですが、
自分自身の尖りを探したい!」という
ご質問? ご相談?もあり。笑

例えば、個人事業主のかただと、
企業のマーケテイングと、自分のセルフ・ブランディングって、
ニアリ・イコールですし。

今後は、マーケティングの派生として、
セルフ・ブランディングのセミナーも
増やしていきたいなと思っています。



というわけで?
明日は、経営者さん向けではなく、
大企業含めた営業さん向けの
「営業マーケティング」のセミナーをしてきます!!


***********************
 マーケティングとは、誇りを持つ者の責務!

★★昨年11月、中小企業庁長官賞をいただきました★★
http://akita-co.sblo.jp/article/181551445.html

★★マーケティング専門家のホームページ製作(58万円+税)★★
http://akita-co.jp/index2_hp.php
posted by 秋田舞美 at 04:39| Comment(0) |  2−1.★セミナー、講演

2018年03月01日

受賞記念講演回の様子(中小企業庁長官賞)←ありがとうございました!

昨年11月に、中小企業庁長官賞をいただきましたが、
2月24日には、その記念講演会を開いていただきました!
DSC_7084.JPG

DSC_7131.JPG



正直、お客様に来ていただけるかと
夜も眠れないくらいだったのですが(笑)、
100名近い方にきていただき、

大きな会が滞りなく運営できたのも、
たくさんのお客様にお集まりいただけたのも、
皆様のおかげだと感謝しております。
DSC_7104.JPG

DSC_7180.JPG

心残りは100名にちょっぴり届かなかったことなのですが、
(↑贅沢になっている。笑)
あるか分からない次回の目標として!




かつ、懇親会には半分以上のかたにご出席いただけました!
とても、感謝感激な一日、ありがとうございました!
DSC_7227.JPG

DSC_7206.JPG
 ↑北海道標津からきてくださった篠田社長



今回のテーマは、
「顧客主義脱却としての尖り型マーケティング」

マーケティングとは、
お客様目線という名の下お客様の言いなりになることではなく、
企業が自分の良さを認識し、
お客様と、良い意味で対等になることです。
DSC_7134.JPG


そして、
それは、事業者だけではなく、
想定外の商品やこだわりにこだわった製品を
手に入れることができるという意味で、
お客様の利益にもつながっていきます!

さらに、ブラック企業撲滅や働き方改革にも、
つながるという壮大な野望?も持っています。
DSC_7187.JPG
 (↑パネルディスカッションの様子)

良質なマーケティングとは、
競合から奪うものではなく、市場を創造するもの。
景気を浮上させるものでもあります。


今日の日の感謝と、良きマーケティングの実現を胸に、
今後も、精進を続けていきます!!



posted by 秋田舞美 at 13:00| Comment(0) | 1.☆NEWS、ご連絡

2018年02月13日

似顔絵、いかがですか??

フリーランスの方、
中小企業経営者のかたは、
絶対に、顔出しをしたほうがいいです!


私も、ガッツリ顔を出しているので、
自分大好き、目立つの大好きだと思われるかもしれませんが、

私は、写真が大嫌い。
多少慣れましたが、学生時代なんて、
本当、写真が少ないです・・・


当たり前ですが、ビジネス顔出しなんですよね。
っていうか、私の写真写りなんて、
誰も気にしなくて、

何度も顔を見ることによる安心感、信頼感が、
重要なので・・・


なので、皆様に、なるべく顔を出しましょう!とは
お話ししているんですが、

ど〜しても嫌という方は、
まずは、似顔絵から始めてみましょうか(^_^;



今は、優秀なアプリがたくさん出ています!
まずは、そちらでトライ♪

また、手書きでも、格安のものが結構あるみたいです。
ココナラ 似顔絵・イラスト




また、私ではないのですが、以前、やっていただいた方が、
とても良かったので、
すっごいガッツリビジネスでやっているわけではないのですが、
こちらのかた、よろしければご紹介いたします♪

コメントくださいね♪
似顔絵.jpg

8,000円+税


※オダ〇リジョーさんと 右側は一般の方



タグ:似顔絵
posted by 秋田舞美 at 18:00| Comment(0) |  2−3.★企業支援

ゴディバ広告:宝石チョコと子供たちの日常

高級チョコレートの代名詞、ゴディバが、
「義理チョコやめよう」広告を出して、話題になりましたね。
ゴディバ義理チョコやめ.png


「バレンタインは気持ちを伝える日」
「社内の人間関係を調整する日ではない」
「こころからの感情だけを、これからも大切にしたい私たち」

ということで、
義理チョコ面倒派女性からの
「そうだそうだ!」から、

「義理には使われない
  (本命チョコ用の)ゴディバだから言える台詞」
様々な意見が出ていました。


独立していて気を遣う必要がない私は、
義理チョコも含めて、結構、好きなイベントなのですが、
事務職の女性とかは、面倒なイベントなのかもしれませんね。
(^_^;




さて、そんな特別感のあるゴディバですが、こちらの記事

日本でバカ売れ「高級チョコレート店」の本音
  フランス人職人は日本ではスター扱い

東洋経済オンライン

では、
日本でのチョコレートブームを歓迎しつつも、
「チョコレート職人がロック・スターか
    聖人のように扱われる国は日本だけ」とし、




・・・・・
「私は『宝石チョコレート』のようなものは、あまり好きではない」
とオリヴェイラ氏は話す。
そうしたものは、洋菓子をぜいたく品にしてしまう。
洋菓子は基本的に、
子どもたちが分け合って喜ぶような単純明快な楽しみであるべきだ」
・・・・・・・・・

上記記事より抜粋



我々、特に、中小企業は、
カテゴリを超える価値、カテゴリを超える価格を構築するため、
努力をし、知恵を絞る。

宝石〇〇を、作り上げたいと、
そして、できれば、
カテゴリ自体の価格を引き上げたいと願う。



けれど、全く逆の現象。
カテゴリ自体がインフレを起こし、
(原価の積み上げではなく、イメージによるインフレ)
そのカテゴリ自体が、気軽に楽しめるものではなくなるのも、
文化として憂慮すべき事態なのかもしれません。



日本の食品を輸出する際は、
その食品でのトップの価格を輸出していく。
中小企業の輸出戦略としては間違っていないと思う。

ただ、
食の文化まで根付かせて輸出するためには、
人口に膾炙する価格帯の検討を、
しなければいけないのだと思った記事でした♪


posted by 秋田舞美 at 02:07| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2018年02月09日

相談チケット(創業者3,000円、その他5,000円〜)

少し前に書きましたが、
私の収益の柱は講演としたいと思っており、

マーケティングのアドバイス・コンサルティングは、
本業ではありますが、
お金以外のものに、価値を見出したいと思っております。

それは、社会的な貢献であり、
かつ数多くの経営者様に接することによる
自分の能力の維持・向上です。



関東では、行政の無料相談相談も、なかなか便利に使うことができず
(企業数が多いため、仕方ないのですが)
創業者様やまだ収益のでていない新規事業を考えている経営者様からの
相談などに、どう応えるべきか迷っておりました。

当方としては、コンサルでの金額にこだわっていないとはいえ、
私はプロであり、かつ、きちんとお金を頂戴している企業もいる中、
「ただで相談にのりますよ」というのは違います



よって、
相談料=覚悟料ということで、無理のない金額を設定した、
チケットを販売することにいたしました。

源泉徴収やお支払の手続き簡素化のため、
とりあえず、ココナラというサイトを使ってみます。



【チケット】
マーケティング♪へのアドバイスいたします
5年間で建設業者を売上3.9倍に導き【中小企業庁長官賞】受賞

ココナラ.png
マーケティングアドバイス 3,000円コース


5000円.png
マーケティングアドバイス 5,000円コース


相談料=覚悟料金だと思っております。
3千円〜2万円の設定がありますが、サービスは全く変わりません
企業規模や売上から考えて、相談に必要だと思う金額を選んでください。
(そうは言われてもというかたへのお値段の目安)
  3,000円 : 創業者初回
  5,000円 : 売上1千万円程度まで 
  10,000円 : 売上1億円程度まで
  20,000円 : 売上1億円以上


※あくまで目安なので、利益の状態など、
 それぞれの状況に鑑みてくださって構いません。
 チケット価格について、当方から触れることはありません。

※販売実績がないと高額チケットが設定できないため、
 今のところ、5千円までしか設定できておりません



真摯に取り組んでくださる経営者様・企業様の応援のため始めた企画で、
収益を求めるビジネスではないため、
善意と良識の範疇で運営できないと判断した場合は、販売を中止します。


気になった方は、のぞいてみてください♪



posted by 秋田舞美 at 18:00| Comment(0) |  2−3.★企業支援