2021年04月01日

高潔・優秀にして万人に愛される、私の最強メンター♪

最初に、お断り&お詫びしておきます。
本日のブログは、三か月の毎日ブログ記載の束縛から解き放たれた解放感による、私の娯楽のためのブログです(笑)


どんなブログかと言いますと、今日は私のメンターをご紹介したいと思います。
素晴らしい経営者の皆様、そして恩師。
師匠、尊敬する方々が数多おられる中、私のメンターは・・・
3682665_s.jpg





















うちのNo.1ラブリータイプ ドッグにして、秋田家のアイドルだった
クッキーちゃん
(雄、享年16歳)になります。
(σ≧▽≦)σ
クッキー横.png

なんだ、ただの飼い主バカかと思われるかもしれませんが、そうではありません!
うちのワンコは他にも2匹飼ったことがありまして、クッキーは三男なんです。
でも、同様に大々々好きだった一代目、二代目は、私のメンターではありません!

ちなみに、
〇長男:顔も性格も頭脳も 非の打ちどころのないパーフェクトな超人(超犬)ワンコ クロディーくん。
※20年くらい前に亡くなっているので、デジタルデータの写真がなく・・・

〇次男:顔しか取り柄のない(そこが鼻血出そうなほどカワイイ!!)のロッキー王子です!
0411年賀状用イヌ 004.jpg
※写真撮るよーで、キリッ!
※左が次男ロッキー、右がクッキー


0411年賀状用イヌ 007.jpg
※もう写真撮るの飽きました。。。

そういうわけで、クッキー様が私のメンターである理由を記載していきたいと思います。



■(1)高潔な人格、メンタルの安定性
▼@大らかで、博愛主義、と・に・か・く性格がいい
まぁ、まぁ、まぁ、まぁ、大らかぁ〜な性格良し男くん!!!

家族内でいじめられたフリごっこ(※)していると、ぜーったいにすっ飛んできて、「ダメー!」って助けてくれます。
※誰かを叩く振りして「エイエイっ! 叩いてやる!」って言う


あと、ビビりなので、家族以外の人も、お兄ちゃんワンコ(次男ロッキー王子)以外のワンコも怖いのですが、しばらく一緒にいると、近寄って行って仲良くしようかなぁ〜と頑張ったりします。


元々、お兄ちゃんにおもちゃを取られても、人にご飯を取られても、全然怒りません
特におじいちゃんになってからは、ちょっと硬いジャーキーとかを取られても、「食べやすく、細かく切ってくれてるんだろうなぁ〜。ありがとうございます♪」的に、超嬉しそうに待ってます。

食べ物取られてもお人好しって、野生では絶対に生きていけないワンコです。
IMG_7862.JPG IMG_7860.JPG
※こどもの日の眉毛のロッキー王子と、茶色いアイドル クッキー


まぁザックリいうと、多分、自分が愛されていることを疑ったことがないんだろうなぁって性格をしてるのです。

育ちの良さから、他のワンコ、他の人にもとても優しいです。
まぁ、小さいころから超愛されて育ってますからね。


▼Aストレスに強い、メンタルが強い
ワンコに、メンタルってあるの?とお思いでしょうが、ワンコを飼ったことのあるかたなら分かると思います。
ワンコは落ち込んだり、暗くなったりするのです。


お兄ちゃんワンコ(次男ロッキー)は、話せば長くなるのですが、前のおうちでいじめられてうちの来た子でして。
なので、最初は不良だったんですが、後半からは超ド級の甘えっ子になりました。

ただ、そういった出自のせいか、なんとなく人の顔色をうかがうようなところがあって。
怒られると、本当にショボボボボーンとなってしまうのです。
ショボボボボーンとなった時は、ひたすら抱っこちゃんになります(笑)

CIMG6976.JPG

CIMG6978.JPG
※お兄ちゃんワンコと一緒に、お買い物


クッキーは、怒られても、ヤキモチ焼のお兄ちゃんにキレられても、数秒後にはランラランラランラ〜ン♪って楽しそうにしてます・・・
3匹飼ったことありますが、傍から見ても、圧倒的にストレスを感じていなかったワンコだと思います。



■(2)強靭な意志と高い業務遂行能力
▼@そして、優秀
クッキーは、頭がいいというか、メチャクチャ要領のいいワンコなんです。
おバカな次男(そこがカワイイ!)と一緒に飼ってたので、特に感じたのですが。


例えば誰も教えてないのに、ポストから新聞取ってきて、渡してくれるという新聞配達ができるんです!
ワンコ.png
おじいちゃんワンコの郵便配達

こちらの動画は、ちょっともうおじいちゃんになってたのでキレはありませんが、全盛期には新聞が届くや否やジャンプして、ポストから直接バシッと捉えて運び、手渡してきてくれていました。

玄関ドアをリフォームしてから構造上ワンコは新聞を取れなくなってしまったで、この動画の時は私がポストから取ってますが。

誰も教えてないんですよー!!!
超優秀!!!

(ちなみに、おバカたんなロッキー王子は、おじいちゃん(人間)の猛特訓の末にやっとお手を覚え、私は感動して泣きました。)



▼A職業熱心、ひたむき
そして、職業にかける情熱がすごいです!
ポストに新聞が入った瞬間、「行かねばならぬー!!!」って飛んでいきます。

デブリンだけどあんまり食いしん坊ではなく、寝起きとかだとご褒美のジャーキー貰っても食べなかったりして。
物理的なご褒美よりも、「職業?への情熱」「認められること」が何より大切で頑張っていたようです。
(やせてるロッキー王子は食いしん坊でした)


▼B自発性、そして褒められるの大好き
褒められるのが大好きなので、ご褒美に頼らなくても、勝手に芸をします。笑
新聞配達のように、芸も勝手に覚えます。


なので、あまり好きではない固形のカリカリ・ドッグフードを食べる時は、ほめる係として私を呼びにきます。
隣にいて「えーっ、すっごーい。カリカリ一人で食べれるんですかー?? 素敵!!」と拍手しながら称賛して初めて、食べだします。

なんか、「あまり好きではないカリカリご飯を食べる」=「褒められるべき芸」だと認識しているらしいです。。。
このあたりは、育て間違ったなと・・・笑
IMG_4179.JPG

IMG_4176.JPG
※こーんな間抜け姿勢もラブリー♪

この自己肯定感、そして褒められるために自ら芸を覚え、職務を遂行する自発性は称賛に値します。


▼C主張が激しく、自我が確立している
「お散歩に行きたいんです!」「タオルで遊んで欲しんです!!」と、主張が激しいです。

あだ名は「文句タレ蔵」だったのですが、本当に、文句タレたれです。


言うことを全く聞かないとかではなく、「ハウス」と言われたらゲージに入っていくんですが、その時に、「あぅ〜、わぉ〜」と、ずーっと文句をたれながら入っていくのがおかしくて・・・(笑)

お兄ちゃんのロッキーは甘えっ子な分、ナデナデしてればされるがままにされてる系ワンコだったので、差がすごかったです。



■(3)万人に愛されるパーソナリティ
▼@すさまじいまでの愛されキャラ!!!
ひたすら素晴らしいクッキーですが、一番の素晴らしさはここだと思うんです!

長男のクロディーは「あんなに素晴らしい犬はいない!」「クロディーには誰も敵わない!」と秋田家の伝説になってるんです。

けれど、クッキーは真逆で、超ワガママワンコなのに、みーんなに超愛されてる!
みんながクッキーに夢中なんです!


どうしても優秀なワンコは厳しく育ててしまい、クロディーはほぼしないけど小の方を失敗したら、怒られてました。

クッキーは、うん〇っち失敗しても、「あららぁ・・・」って言われるだけ。
しかも、ペットシートからはみ出していても、「う〇ちっち、成功しましたから!」ってドヤ顔で報告にきます。。。
IMG_7153.JPG

0502犬、診断士研修 004.jpg
※おじいちゃんは(おじいちゃんも)クッキーに夢中♪

人間でも、すごいけど可愛げのない人っていますよね(笑)
クッキーは能力が高いだけではなく、可愛げのある超愛されワンコなんです!!
私がクッキーから一番見習いたいと思っているところはここです!


▼Aワガママ&ラブリー末っ子
上で書いたように、皆がクッキーに甘い!!!
末っ子ー!!って感じです。
実は長女の私には、なかなか習得が難しい!笑

父とかは、長男・次男は子供。
三男クッキーは孫って感じで、明らかに甘やかしていました。笑
ひいきしちゃ、ダメですよ!!
CIMG6657.JPG

クリックリなのに、タレッタレのお目々が、愛されるために生まれてきたとしか思えない!!!!



■(4)かわいい
▼@かわいい
▼Aかわいい
▼Bかわいい
▼Cかわいい

・・・・以下、永遠に続く



■優秀なメンター
皆様、単なる飼い主バカとしてではなく、うちのクッキー様のビジネスマンとしてのポテンシャル、そして素晴らしい幸せ感じ力と生きる力、感じていただけましたでしょうか?

■まとめ
 〇高潔な人格とメンタルの安定性
 〇強靭な意思と高い業務遂行力
 〇万人に愛されるパーソナリティ―



ねっ、くったん、メンターに相応しいでしょ♪
IMG_1602.JPG
IMG_1608.JPG
※結局人間が食べるんですが、クッキーのお誕生日

ちなみにこちらの過去投稿で記載した、私の現在のブランディング・テーマ
 〇優秀
 〇ドヤッ
 〇間抜け
は、全てクッキー様を参考にしております!


10年程クッキーを目指して修行に励んだ結果、お仕事中の私の人格は、昔よりはクッキーに近づいているかなぁと希望もこめて自己評価しております!
まだまだクッキーへの道は、遠くて厳しいですが!!

人っていろんな側面を持っているんで、ウソをついてるわけではありませんが、仕事の時に、心がけて表面上に出している人格として。


ちなみに、お世辞?か知りませんが、クッキーの写真を見せると、結構、私に「似てる〜」って言われます。
次男のロッキーお兄ちゃん(イケメン)とは似てると言われたことないので、まぁ、大くくりで言えば似てるのかもしれません。


そんな私のメンター クッキーですが、2年前の今日旅立ってしまいました・・・
今日は、そんなワンコさんを思い出しつつ。
posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) | 1.☆NEWS、ご連絡

2021年03月31日

結果発表!!! アクセス数、訪問者数

本日、3月31日!
待ち望んだ日にちでした!

何かというと、今年1月1日から3か月毎日更新します宣言していたブログの最終日!笑
長かったです〜!

最初書き溜めていたネタもいつの間にか追いつかれて。
夜中の3時とか早朝5時とかに、グッタリしながら6時公開のブログ書いてたりしました。


本当、ツラかったです。笑



■結果報告:訪問者数、アクセス数
簡単ではないと思ってはおりましたが、
アクセス数、思った以上に伸びなかった!!!!!!

訪問者とアクセス数の伸びで言うと、こんな感じでした。
毎日の苦労に比べたら、ガガガガーンって感じです。
グラフ.png

※状況説明
2020年年間に3つしかブログを投稿せず
2021年1月〜3月まで毎日ブログを投稿



というか、2020年3本しか記事投稿しなかったブログが、昨年12月に月1,000人以上、6,500アクセス近く見ていただけていたことのほうがビックリなのかもしれません。
今日も読んでいただいている皆様、本当にありがとうございます♪


ただ、
昨年10月〜12月の三か月平均とこの3月(今日書いているので31日を除く)を比べますと、
hyou.png

〇訪問者数 932人→1,118人
〇アクセス数 5,764→8,586

訪問者で20%増
アクセス数はほぼ1.5倍

と、決して悪い数字ではないのかもしれませんね。



■反省
書きたいことは次から次へと浮かんでくるので、当面ネタ切れの心配はしなくてよさそうです。

ただ、昔、ブログ結構書いてた時、こんなに時間かかってたかなと。
毎日1〜2時間位かかっておりました。

しばらくぶりで慣れていなかったのに加えて、正確に書こうと下調べしたり、構成を整理した時間が増えてしまった気がします。


▼テーマを明確に、1投稿1テーマ
こう書くと、丁寧に作りこんでいるようでよさそうですが、そうでもなく。
自分の知識や知見も増加しているため、雑学というか派生した話題が増えすぎて、正直読みにくかったなという投稿も見受けられました。

話題盛りだくさんと書けば聞こえはいいですが、自分の中で、伝えるテーマの明確なゴールができていなかったのかもしれません。
投稿のテーマはゴールを決めて、1投稿1テーマで構成せねばですね。


▼正確、簡潔、伝わるように
正確な説明が必要とされるご職業のかたは分かってくださると思うのですが、物事は正確に書き記そうとすればするほど、注釈や例外説明が増え、冗長な表現となってしまいます。

「100%ないとは言い切れない」といったニュアンスで正確に発言しようとするプロの研究者より、知識が少ないからこそ断言できる少し詳しい人の説明のほうが、なんだか信頼できるように聞こえてしまう。

マーケティングとは、伝わるように伝えること。
正確を期する表現をしつつ、なるべく簡潔・簡便に、伝わる表現手法を身に着けていきたいと思います。


▼文体、ネタ選び
文体(カジュアルな表現、格式ばった表現)、ネタ選び 等々、意識してふり幅を広く揺らして記載し、アクセス数とか観察してました。

文体、カジュアルな表現のほうが好まれるかと思ったのですが、そうでもないですね。

あとターゲット設定として想定していたのは、
 ・中小企業診断士(同業者)
 ・経営者
 ・一般消費者も含めたすべての方

診断士向けのコンサルの心構え的な投稿は人気がないようです(笑)
私に言われてもって感じですかね・・・

消費者さんにも理解できる、読み物としてのマーケティングのコツみたいな投稿が人気でした。
短期的にだけではなく、長期的に見た場合にターゲットどこまで絞ったほうが良いかはまたちょっと違いますが、参考にはなりました。



■今後
▼ブログ
ブログについても止めてしまうことはせず、週2ペースで更新していこうと思います。
遅筆なのでツラいはツラいのですが、文章書くことは好きなので。

曜日や時間見直すかもしれませんが、当面は、月・木曜日の朝6時更新にしようかと。


▼YouTube
本当は、2月くらいから同時並行でYouTubeも開始しようと思っていたのですが、体力的に無理でした。。。

今、ちょっと試作しながら考え中で、1本の長さ(時間)も検討中なので、ハッキリと言えないのですが。
ブログの月・木と間隔調整して、水・土の週2回 もしくは土曜のみの週1回のアップにしようと思います。

来週から始動予定です!

ちなみに、個人的にはすでに黒歴史化しているんですが、5年前からほぼ停止しているYouTubeアカウントはこちらです。。。
コチラ


ブログもYouTubeも、どうぞよろしくお願いいたします♪

posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) | 1.☆NEWS、ご連絡

2021年03月30日

そのターゲットにとって新しければ、結果は出る

先日、ある業界紙への広告を監修させていただきました。
すこぶる評判が良かったと!

結果がでて、良かったです♪


なんですが。
別に、その広告、世の中にとって目新しい感じのクリエイティブな広告ではなかったと思います。

いくつかのCMや広告も参考にしましたし、
それなりによく見る、ある意味オーソドックスな手法&デザインで企画・構成いたしました。


では、なぜ結果が出たのか。
使い古された広告企画であっても、その業界紙を見るターゲットにとっては新規性のある、目新しい感じの広告だったからです。
4149520_s.jpg

カッチリとした業界に、かなりカジュアルなデザイン&キャッチコピーを持ってきたんですね。



■ターゲットにとっての新しさ
何かを訴求する時に大切なのは、
社会全般にとって目新しいことではなく、訴求したいターゲットにとって新しいことなんです。


漫画の表紙にはよく使われるキャッチコピーやデザイン構成でも、ビジネス書でそういった雰囲気の表紙を作ったら目新しかったりしますよね。
これは、ビジネス書という市場や、それを購入するターゲットにとって、そのデザインが新しいものだから。



■流行の浸透スピード
業界にとっての目新しさについては、ターゲットにおける流行の進行スピードとも関連してきます。
4019426_s.jpg

例えば、女子高生の流行語はおじさまにはわからない。
けれど、少し遅れて(女子高生にとってはその言葉に飽きてきたころに)、おじさま達が意味を理解して、おじさま間で流行ったりもします。笑

ぴえんとか、今、その段階ですかね?
もう違いますかね??


ターゲットによって流行の浸透スピードが違うこと。
それは、ターゲットによって新規性を感じ、感動を呼び起こされるタイミングも違うということです。



■流行った直後が一番ダサい
不幸なことに、流行とは流行った直後が一番ダサものなんです。

ファッションでもなんでも、一度、大流行をしてしまうと、その流行が過ぎ去った時に、それが「とてつもなく古いもの」と感じられたりするんですよね。
一周回ると再ブームが起こったりしますし、今、80年代のお洋服は逆に新鮮に見えたりするのではないでしょうか?

流行の最先端の人から見れば、2〜3年前に流行った流行が、今、一番ダサいんです。
もちろんデザインや広告についても、これは同様です。
4020949_s.jpg


2〜3年前に若者に流行ったデザイン
 =デザイナーとしての感性がニブいと思われる
 =デザイナーにとって、一番ダサい
と判断されることも多いんじゃないかと。


ただ、
デザイナーさんにとってダサい(使い古された、少し前に流行った)デザインや表現手法でも、その広告や商品を見るターゲット市場にとって目新しければ、それは新たな感動をもって受け入れられます。



■ダサいかどうかは、ターゲット次第
以前から使い古した手法の広告でも、数年前に流行った微妙に時代遅れな(最先端のセンスを持つ人からはダサい)広告でも、ターゲットや市場にとって新しければ、それは驚きと訴求力を持った広告になります。


そして、一度流行った広告であれば、心に訴えかける力は強いというケースが多いので、成功する確率は高まります。


完全にオリジナルのクリエイティブさを求めるのもいいですが、市場・ターゲットにとって新規性は違う。
ちょっと頭に入れてみてください。
posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年03月29日

もしやブランディング!?

私、専門はマーケティングです。

マーケティングとは、
 企業および他の組織が
 グローバルな視野に立ち、
 顧客との相互理解を得ながら
 公正な競争を通じて行う
 市場創造のための総合的活動である。
(日本マーケティング協会による定義)

ですので、全ての市場創造活動。
とても幅の広い言葉です。


なんですが、、、


■マーケテイング否定派の声
「私もマーケティングをすれば、もっと売上が上がるんでしょうが・・・」 
(暗に、「そんなことはしたくない」というニュアンス)

「安易なマーケティングに頼ることなく、自分の信じる道を進んでいきます!」

こんなことをおっしゃる中小企業の経営者さん、実は結構いらっしゃいます。


この方たちにとっては、「マーケティング」=「金にものを言わせただけの広告宣伝」というイメージのようで。

「自分たちは、お金がないから広告がうてない。」
「商品力では負けないのに!」
中小企業が大手企業に対して思う、こういった心理がマーケティング否定につながっているようです。

「あの人たちは、マーケティングに力を入れられるだけの資金力があるからできるんだ!」と。
2750259_s.jpg

なので、「マーケティングではなく、商品の良さで売っていきたい」という言葉が出てくるようなんですね。


商品企画はもちろん、商品品質の向上でさえ、実はマーケティングの一部ともいえるんですが、売れる原因として「商品の良さ」と「マーケティング」は対義語のように感じてしまうようです。

中には、ヒット商品を「商品は良くないのに、マーケティングがいいから売れている」というゴリ押し・押売りのようなイメージで捉えている経営者さんもいらっしゃらないわけではありません。



■マーケティングという言葉
ちなみに、私、「尖り型マーケティング」と「マーケ道」で商標を取得しておりますし、マーケティングのコンサルタントと自称しております。

ただ、マーケティングという言葉が幅広すぎて、上記のような考えの方に、私の今やっているお仕事を理解していただくのがなかなか難しい。


私は、企業の尖り(個性、コンセプト)を見出し、それを軸として企業のなりたい姿を設定し、ターゲットを定め、少なくとも中期3年以上・基本的に10年後の長期までを見据えた販売戦略を立案するお仕事です。
4041943_s.jpg


広告宣伝もある程度のアドバイスはいたしますが、それは販売戦略の一環としてであり、広告宣伝でプロである広告代理店や専門のデザイナーにはかないません。


最近、私がやっているコンサルティングって、一般的に認識されている言葉で言うと「ブランディングという言葉に近い行為なのかなと思ったりもします。


ブランディングって、マーケティングの中の一手法なので、私は様々なものを包括してマーケティングという言葉を使っているんですが・・・
マーケティングはブランディングの上位概念ですから。


■マーケティング
 ▼ブランディング
 ▼広告宣伝 
 ▼ターゲティング
・・・

3809739_s.jpg


私は、本来の意味のマーケティングという言葉が好きなので、商標もマーケティング、肩書もマーケティング・コンサルタントにしています。

ただ、
「相手に伝わるように、伝える
がマーケティングの基本ですから、
「本来はマーケティングなんだからいいんだもん!」
と開き直るのも違う気がして。



■ブラン道
私が取り得る選択肢は2つ。

@私がブランディングへ転向
「マーケティング」コンサルタントを、「ブランディング」コンサルタントに変更する。

Aマーケティングの素晴らしさの啓蒙
私自身が、マーケティングの正しい定義を浸透させる。
そして、マーケティングとは市場創造、つまり自社にとっても社会にとってもプラスになる素晴らしいものなのだと啓蒙していく。


ずっとAのつもりでやってきましたが、マーケティングのすばらしさを啓蒙する一つのステップを割り切って、ブランディング・コンサルタントと名乗るのも一考かなと思う今日この頃・・・

でも、「尖り型ブランディング」も「ブラン道」も、何か語呂が悪いなぁ(笑)
私の個人の悩み?について、長々と失礼いたしました!
posted by 秋田舞美 at 06:00| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2021年03月28日

経営者以上に真剣になってはいけない

■元気になってくれたA社さん
秋田先生と会うと、元気が出るんです!
と、たまにお会いしていたA社の社長さん。


私は、他の方にやる気を与えるモチベーターとしての能力が低くはないんだと思います。
決してメチャクチャ高いわけではないのですが。

なので、このように言っていただけることが、たまにあります。


ただ頻繁にではないものの数年に渡ってお伺いしていたんですが、このA社さん全く成果がでない。
というのも、こちらの経営者さん、全く行動しないんです・・・


やる気がないというわけではないんです。
中小企業の経営者さん、日々の実務だけとても多忙です。
新事業に回す労力や体力、時間、捻出するのは容易なことではありません。

A社社長も、日常業務でパッツンパッツンの状態でした。
4207672_s.jpg


ただ、毎回、私に会いたいから呼びたいと。
(変な意味ではありませんよ。笑)

こちら金融機関さん経由でお会いしていた件でして、申し訳ありませんが、こちらからしばらく相談はストップさせていただきたい旨、説明いたしました。
「社長が動かないと、私がアドバイスしても変わりませんよ。」
「今は、機が熟していないんじゃないですか」と。


中小企業診断士やコンサルタントと言っても、様々なスタンスがありますし、長い時間をかけてモチベーターの役割を存分に果たしていくというのも、素晴らしいスタンスだと思います。

ただ、北海道の企業だったので、現在関東にいる私には、時間的にも距離的にも寄り添う余裕はない。
であれば、モチベーターは寄り添うことが可能な人間を他に探したほうがいいかと思います。



■熱情の押し売り
私ね、若かりし頃、馬力が有り余っていた頃、そして結果を出したくてしょうがなかった頃、誤解しちゃってたことがあるんです。

企業さんにとって、私が真剣になればなるほどいいんだって。


ただ、私は企業以上に真剣になってはいけない
マーケティングは、企業が真剣に取り組んで初めて、成果を出すことができるものです。
4039323_s.jpg


そして経営者さんや企業以上に自分が真剣になってしまうと、積極的に行動してくれないときに「なんで動いてくれないの!」って相手を責める気持ちになっちゃうんですよね。


コンサルは、経営者以上に真剣になってはいけないんです。
事業はあくまで経営者さん、その企業のもの。

熱情を持って取り組んでいる企業さんには、熱情をもってお応えしたいと思いますが、
優先順位的に、そのタイミングではマーケティングに熱情を持てていない企業に、コンサルタントが熱意の押し売りをするのは迷惑以外の何物でもありません。


行動できないのには、やる気がないやる気があるの分類だけではなく、個々の事情がありますので。


昔の自分の空回りに対する反省も含めた、企業さんとの接し方でした。