2018年01月21日

ニトリチェア♡ カテゴリを超える価値

皆様、事務用チェアを買うとき、
予算はおいくらくらいですか?

価格帯は、もちろんピンキリですが、
例えば、ニトリでしたら、
(おすすめ順で1〜10位)
チェア.png

2,848円〜13,797円(+税)



3千円以下でもあるんですね!

だとすると、予算は8千〜1万円円位かな?
節約したいなら5千円とかな?



で、こちら、私が買った椅子なんですが、
な、なんと 36,945円(税込39,900円
椅子.png


こちら、別に、椅子を買いに行ったわけではないのに、
変わった椅子があるな〜と思って座ってみたら、
なんとビックリ!!
一目惚れならぬ、一座り惚れ♡


こんなに座りやすい椅子が!
と、探してもいなかったチェアを購入してしまいました。

2年ほどたって、腰痛が改善した気がします!




この時に、ほかの椅子の値段って、
全く関係ない
んですよね。

他の椅子は、3千円〜1万3千円位って言われても、
「だから?」って感じです。



私は、
座るという機能のための事務用品
   が欲しかったのではなく、
長時間使ってても疲れない機能性
   が欲しかったのです。

この機能性は、業務効率にも、
直結しますから。



もっと言えば、
「椅子」という事務用品ではなく、
「腰痛改善」のための医療目的(に近い)器を、
または、長時間の業務効率に資する器具を、
買ったのです。



ものを作る、ものを売るというのは、
どうしても、価格にセンシティブになります。

しかし、
同じカテゴリとの価格比較、
価格の同質化が、
常に正しいのは限らないのです。



中小企業の販売戦略と大手企業の販売戦略は、
根本的に異なります。
大企業は、多額の売上が必要ですが、

中小企業は、自社の規模にあった売上
があればよい。

だから、
小さいターゲットを相手にできる。
特定の人にだけ受ける商品を企画することができる。
これが、大きな強みです。



その場合には、特に、
価格を下げるために、
  商品コンセプト(=尖り)を緩める
のは、
危険なことになります。



競合製品との価格比較に、あまりにとらわれているかたは、
少し、価値と価格について、
再考されては、いかがでしょうか?



ニトリさんの回し者ではありませんが、
腰痛持ちの方には、本当、お薦めなのでリンクを。笑
おすすめした後、実際にニトリさんに行った方も、
速攻で購入してました♪
ワークチェア(デュオレハイ DX)


posted by 秋田舞美 at 02:21| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2018年01月19日

段ボールコントローラー Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) 〜マーケとは景気浮上に資するもの〜

マーケティングのお仕事を始めたころ、
経営者さんが、努力をしてもしても、
それが、売上という結果につながらないのを見て、

かつ、
商品が悪いわけではないのを感じて。
経営者さんの努力を売上につなげたいと思っていました。


努力を売上に、
つまり、情熱を富に



今も、この気持ちは変わっていないのですが、
仕事を進めるにつれて思うようになったことがあります。

良質なマーケとは、奪うものではなく、
創り出すものであるということ。



例えば!
任天堂の段ボールコントローラー見ましたか??
これです!
Switchと合体する“段ボールコントローラー”「Nintendo Labo」発売



知らない方は、説明より、
こちらを見ていただいたほうが・・・

【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) 初公開映像】

任天堂公式チャンネルより)


これは、ゲーム市場という中で、
顧客を奪い合っているのではなく
明らかに、市場を創り出していますよね。



商品の根本的な魅力をもとに、
アイテムの選択や使い方の工夫、
情報の伝達方法というマーケティングにより、
市場を創造していく。


マーケティングとは、
需要の喚起であり、市場の創造である。


一社のマーケティングについて、
結果を出していくのはもちろんですが、

各社のマーケを通して、
市場創造、そして景気浮上を考えていくのが、
私のマーケティングのテーマです♪




「特定の企業が売上が伸ばす」というのだけではない。

マーケティングとは、景気にも影響を与え、
世界を幸せにするものなのです



posted by 秋田舞美 at 22:51| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

【周辺業界の研究】ロングブーツを捨てるときに思うこと・・・

私の私物 ロングブーツ。
あまり履かないので、似たものを処分しようと・・・
ブーツ.jpg

残すのは左のREGALかな!?



私は、3年前に北海道→関東に引っ越しているので、
それでかなぁと思っていたのですが、
ロングブーツ自体が、流行っていないようですね。

日テレNEWS24でも、放送されていました。
かつては定番・・・ロングブーツ女性激減のワケ



私がブーツを処分する理由
  ↓ 関係する
私がブーツを買わない理由
  ↓ 関係する
ブーツが売れない理由

と、それなりに関係性が高いケースが多いですよね。



私がブーツを処分する理由をブレスト的に考えてみると

暖かい地域に引っ越し(個人的要因)
   北海道→関東

保管場所がない(個人的要因)

流行っていない(一般的要因)

・温暖化(一般的要因)
   関係ある!? 仮定の一つとして



このうち、保管場所については、
関東の住宅事情(狭い、収納スペース)とすれば、
一般的要因になりますし、


流行っていないでは、
他のかたのコメントで気づいたのですが、
ミニスカートが流行っていないことも
関係している気がします。
(こちらは、きちんと検証していませんが)


なぜ、ここで、この話題を出したかというと

(1)売れない要因の分析って、
原因を細分化していくことで、浮かび上がってくるものですね。
というのが一つと、



(2)周辺業界との関係性です。

ブーツとミニスカートのように、
周辺業界との関係性を見定めるのは大切ですよね。

同じファッション同士のカテゴリではなくても、


通販 → 宅配業界
といった、周辺業界への波及関係もありますよね。



先日、
レンタルスペースをお貸ししている企業さんが、
「最近は、ほぼコスプレの撮影がなんです!」
と。

で、普通だったら、これで終わるのですが、
この企業さん、本業がありまして、
40代以降向けの商品ですので、
コスプレのお客様(10代〜20代がメイン)とは、
どうもターゲットが合わない




この企業さんがすごいのは、
別事業だからとあきらめるのではなく、

「40代コスプレ」というジャンルを探してきたのです。
今のお客様には来ていないのですが、
潜在ターゲットとしてあるはずだ!と。



詳細は記載しませんが、
20代コスプレのかた=インスタなどで公開したい
40代コスプレのかた=個人で楽しみたい
と、基本的なニーズが違うとも研究していました。

また、当方からも、
コスプレを撮りたいカメラマンさんで、
40代以降のかたのニーズなどもご紹介いたしました。


自分の業界研究
 →関連業界の研究

一見、関係ない気がするけど関係させられないか?
ターゲットが違うように見えるけど、
共有させることはできないか。

面白い観点だと思って、
私も、勉強させていただいたのでした♪


posted by 秋田舞美 at 01:58| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2018年01月17日

記念講演会 雑誌広告

雑誌「企業診断」に、
記念講演会の広告を載せていただきました。
企業診断広告.png

メイン記事と同ページのすっごい良い場所に、
配置していただきました〜♪

興味本位でもいいので、
大きな本屋さんに行って、雑誌見かけたら、
のぞいてみたりしていただけると嬉しいです♪♪



しつこくて申し訳ありませんが、
以下、再掲です♪

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
■概要
 日時 : 平成30年2月24日( 15時〜17時
 場所 : 千葉商科大学 図書館棟5階ホール
 資料・飲料代 : 500円(学生無料)
 内容 : 記念講演(事業者主役の尖り型マーケティング)
      女性経営者とのパネルディスカッション

※終了後、17:30〜 懇親会(4千円)
 

■お申込み
 ・千葉県ニュービジネス協議会
 ・chiba-pref-nbc@cuc.ac.jp
 ・懇親会(4千円)の参加・不参加を記載


■千葉商大アクセス
http://www.cuc.ac.jp/access/index.html
(東京駅よりJR20分 + JR市川駅よりバス10分)


※準備の都合上、お早めに申し込んでいただけましたら、大変ありがたいです♪


posted by 秋田舞美 at 20:36| Comment(0) |  2−1.★セミナー、講演

2018年01月03日

謹賀新年 ♪ 一年の豊富

皆様、
あけまして
  おめでとう
    ございます♪

本年も、よろしくお願いいたします。


さてさて、早速、一年の目標について。
過去ブログを見返しますと、
 ・2015年 企業支援、東京進出
 ・2016年 「攻める」
 ・2017年 記載なし
と全くの統一性も何もなしでございます。笑



特に、
2017年は、「一年の計は元旦にあり」の
完全逆バージョン。

目標もなければ、ブログもかわいそうなほど記載が少ない。

今年は立て直したいなと、元旦からはできませんでしたが、
せめて三が日のうちにスタートさせてみました。



今年は、一昨年の攻めるを受けての、
固める、堅固ですね。

2015年7月に、お仕事を関東に移し、
どうにかこうにか、営業的な(仕事を取る)リズムはできてきたところ。

昨年は、その分、事務方面が、
シッチャカメッチャカな一年でございました。


もちろん、それだけではなく、
サボりやFacebookの利用などがありますが、
昨年は、ブログにも全く登場せず・・・

攻めた後は、守りが必要。
業務の足固めが必要。
今年は、そんな年にしたいと思います。



ただ、守りの年は、
種まきの収穫の時期でも有るはず。

様々、進めてきたものが、
自分の大きな攻めの動きではなく、
継続の力で、芽が出てくるかなぁと思っています。


お仕事重点分野は、
 ・2015年 企業支援・コンサル(東京進出)
 ・2016年 講演(全国に呼んでいただけるようになりました)
 ・2017年 執筆(論文(中小企業庁長官賞、マーケ連載)
ときておりまして、

今年は、堅固ということで、
初心の本業、起業支援・コンサルに立ち返りつつ、
ホームページ製作事業の離陸を図りたいと思っています。

ホームページ事業は、
私にとって、企業支援の一環
と考えています!


今年は、体制を固めつつ、
ブログにも立ち戻りたいと思っておりますので、
皆様、よろしくお願いいたします!
タグ:目標 新年 抱負
posted by 秋田舞美 at 15:46| Comment(0) | 1.☆NEWS、ご連絡

2017年12月18日

2月24日(土) 中小企業庁長官賞記念講演会

先日いただいた中小企業庁長官賞の
受賞記念講演会を開いていただけることになりました♪

ビックリ&嬉しいです♪  (*´艸`*)
講演会チラシ.png


女性目線により 下請「的」建設業を、
   売上3.9倍にした尖り型マーケティング


こんな皆様に来ていただけたら・・・
 ・売上を伸ばしたい経営者の皆様
 ・女性活躍&活用に興味がある皆様
 ・行政機関、金融機関の皆様
 ・中小企業診断士・コンサルの皆様
などなど


■概要
 日時 : 平成30年2月24日( 15時〜17時
 場所 : 千葉商科大学 図書館棟5階ホール
 資料・飲料代 : 500円(学生無料)
 内容 : 記念講演(事業者主役の尖り型マーケティング)
      女性経営者とのパネルディスカッション

※終了後、17:30〜 懇親会(4千円)
 

■お申込み
 ・千葉県ニュービジネス協議会
 ・chiba-pref-nbc@cuc.ac.jp
 ・懇親会(4千円)の参加・不参加を記載


■千葉商大アクセス
http://www.cuc.ac.jp/access/index.html
(東京駅よりJR20分 + JR市川駅よりバス10分)


※準備の都合上、お早めに申し込んでいただけましたら、大変ありがたいです♪

※パネラーの皆様などの詳細は、また後日♪

posted by 秋田舞美 at 01:38| Comment(0) |  2−1.★セミナー、講演

2017年11月25日

Facebookグループ:市川周辺♪創業者と仲間たち

本日は、千葉商大の創業塾講師でした。
起業.png

今年度は、5回創業塾がありまして、
マーケティングと、一部創業計画作成・発表を、
担当させていただきました♪


今回は、今年度最後の創業塾
かつ、最後の授業、創業計画発表です。

生徒さんが15名だったため、
追加で、他の先生2名に入っていただいて、
3班同時進行で、発表を行いました♪



その中で・・・
「創業塾が終わっちゃうと、モチベーションが。。。」
との言葉が。

そういえば、そうだなと。
というわけで、Facebookで、
「市川周辺♪創業者と仲間たち」グループを作成してみました♪
itikawa.png

※リンクはFacebookページなので、
 ログインしていないと入れません。


なぜ、今年度最後のタイミングで思いっ立ったのか、
いまさら感が、思いっきりありますが。(笑)



とっても、ピンポイントなお知らせなのですが、
市川周辺の「創業(希望)者」さん や 
私のようなお役に立ちたいという「仲間たち」は、

「参加する」ボタンを押して、参加申請していただけると嬉しいです。



様々な地域をフラフラしていて、地元に貢献していないので、
思いつきましたが、
良識の範囲で、ゆる〜くやっていくつもりです。

何か、問題が起きた場合は、即リタイア?しますので、
常識的な活用、よろしくお願いいたします。


posted by 秋田舞美 at 22:43| Comment(0) | 1.☆NEWS、ご連絡

マーケ不信派の考えるマーケティング

自分で言うのもなんですが、
コンサルタントという言葉は、
なんだか、怪しい人みたいですよね。(笑)

同様に、
「マーケティング」という言葉も、一部の方には、
イメージのいい言葉ではないようです。



「うちも、マーケティングすれば、売れるんでしょうけど」
 (=うちはこだわりがあるから、マーケティングなんてしません)

「安易なマーケティングに頼らず、自分の信じる道を進みます。」
なんて悲しい言葉も。


これ、マーケティングの定義を、
こんな風にとらえているマーケ不信派のイメージなんだと思います。
不信派.png



こんなイメージがついてしまっているのは、なぜか?

今の世の中が、あまりに
マーケティング=顧客目線を取り入れること
という顧客至上主義に流されすぎているからだと思います。



マーケティングは市場の創造であり、
お客様の声をきくと共に、
企業の輝きを見つけ、深め、伝えていくのがマーケティングです。

企業のこだわりを無視して、
お客様に媚びた製品を作れというのは、
本来のマーケティングではありません。



顧客至上主義を過度に突き詰め、
(かつ顧客=マスと考えていくと)
クローンみたいに無個性な企業だけが大量繁殖します。

良質なマーケティングとは、
企業の輝かせ方を探るためのもの。

尖り型マーケティングは、
そのように、企業の個性に重点を置いたマーケティングです♪

posted by 秋田舞美 at 03:05| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年11月21日

顧客至上主義脱却としての「尖り」型マーケティング

先日、賞をいただいた論文は、
顧客至上主義脱却としての「尖り」型マーケティング
という題名です。

強味(上下関係)ではなく、尖り(特徴)を
というのが、私の持論ですが、

尖り=個性=事業者が主役になるということです。



今の社会は、顧客至上主義。
マーケティングも「顧客目線」を取り入れることが、
「正解」のような感覚が広がっています。

けれど、日本マーケティング協会によるマーケティングの定義はこちら。
定義.png

マーケティングは、
企業と顧客の相互理解
企業と顧客は、並列の関係性のはずなんですね。

お客様を大事にすることは、とても大切なことですが、
現代社会は、あまりにバランスが悪くなっている気がします。



恋愛も同じで、
相手に合わせすぎる人間は魅力がない。
まずは、自分の魅力を知って、それを伝えていかなければ。

都合の良い男(女)ならぬ、
安いしか取り柄のない「都合の良い企業」にならないように、

自分の尖りを見直す、尖り型マーケティング、
考えてみませんか?
posted by 秋田舞美 at 22:27| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考

2017年11月20日

愚直に

「愚直」私の好きな言葉の一つです。
愚直.png



北海道を代表する鞄などの皮革メーカー
ソメスサドルの前社長にお会いした後、
お礼状に記載していただいた言葉でした。

ソメス.png
ソメスサドルHP

「私たちは、ただただ愚直なモノづくりを続けていくだけ・・・」と。



経営者には、
「商人」の要素と「職人」の要素があって、
どちらも大切なものですから、
バランスを取っていくことが肝心です。



私は、
不器用な職人肌の経営者さんが、
とても好きです。

自分の天命に真摯に取り組む。
そんな経営者さんは、時には、ご商売が苦手だったりするので、
マーケティングでお手伝いをすることができたら嬉しいこと、
この上ありません。



愚直に、真摯に取り組む経営者さん、企業さん。
堅牢で、誠実で、時に頑固。

そのような取り組みが、世の中に広く認められるように、
私も、マーケティングを通して、
精進していきたいと思っています♪



posted by 秋田舞美 at 06:52| Comment(0) |  3−1.◎秋田流マーケ思考